フェースを開くときのポイント

2017年2月28日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回は、ふわりと上げるアプローチやバンカーショットの際の、フェースを開くときのポイントをお話します。

まずはフェースの開き方ですが、
最初に通常通りフェースを開かずにアドレスをとってください。

そしてこのアドレスで一旦グリップを外し、グリップを時計回りにくるっと回転させます。
フェースはこのように目標方向より右を向いてきます。

ここで気をつけていただきたいのが、フェースを開いたときにクラブのヒールが浮いているのが分かるかと思います。
もちろんこのままではなかなかうまく打てません。

この浮いたヒールがしっかりと地面につくまで手元を下げてください。
同時に重心もぐっと下に下げます。

このように大きいアドレスをとれると、柔らかな球でアプローチやバンカーショットをすることができます。
是非試してみてくださいね(^-^)

ご予約はこちらから

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 309ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 256ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 254ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 235ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 202ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 159ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 146ビュー
  8. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 137ビュー
  9. キャディバックの持ち方 136ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 135ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る