ボディーターンプラスアルファで飛距離UP!

2017年3月23日 |

こんにちはシンノスケです!
今回はボディーターンにプラスもう一つ意識していただくことで、簡単に飛距離UPするポイントを紹介したいと思います。

それは腕の回転です。
知っていましたか?実はスムーズなボディーターンを行うには、腕の回転を行わないとボディーターンがやりづらくなってしまいます。

まずはボディーターンのおさらいということで、この写真のように胸の前にクラブを持ってください。

いつものアドレスのように構えたら、スイングの要領で体を回転してみてください。

腕を使っていないので、だいたい自分がどれくらい体を回転出来るか分かるかと思います。

では次に、腕を楽にしてゴルフの構えをしてください。

そしてこの写真のように右手の甲が空を向くように(レフティの方は左手の甲が空を向くように)、トップを作ってみてください。

胸の前にクラブを持っていただいた時と体の回転を比べてみてください。
先ほどに比べて、回転がしづらくなっているかと思います。

実はこの形は腕に力が入っている時になりやすい形です。
なのでボディーターンだけでなく、腕も回転をさせた方がスムーズに打ちやすくなりそうですよね。

ボディーターンをしづらいなと感じる事がありましたら、是非腕の回転を意識してみてください(^^)次回は腕の回転を意識できるドリルを紹介したいと思います!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

坂井 槙之介

坂井 槙之介

こんにちはシンノスケです!
先日のFlight Scopeを使用したヒント
満席いただきありがとうございました^ ^
定期的にFlight Scopeを使ったヒントを開催していきたいと思います!
興味のある方は是非ご参加お待ちしています♫

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 308ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 252ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 247ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 235ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 198ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 156ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 142ビュー
  8. キャディバックの持ち方 135ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 133ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 132ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る