『アゴの向き』で起き上がりを防ぐ

2017年6月29日 |

こんにちはシンノスケです!
今回はインパクト時の起き上がりを無くすためのポイントを紹介したいと思います^_^

スイング中に体が起き上がってしまうと、体の正面でボールを打つことが出来ず飛距離も落ちて球も曲がってしまい、大きなミスになりますね。。

この写真のようなインパクトはカッコ悪いですね。
インパクトの時に目標方向を向いてしまうことが起き上がりの原因になるかと思います。

起き上がりを無くすためには、実は顎の向きを意識することで簡単に起き上がりを無くすことが出来ます!

やり方は簡単です。
素振りの時からインパクトの時に顎が右足を向いているように意識して素振りをしていきます。
そうすることで自然に起き上がらなくなり、体の正面でボールを打つことが出来ます。

この写真の方がカッコいいですよね!

頭というのは意外と重たいので、動きすぎてしまうと体全体のバランスが崩れてしまいます。
なので顎の向きを意識して練習してみて下さい。
体の正面で打つことが出来て、飛距離UPや方向性UPにもつながるかと思います^_^

是非動画バージョンもあるので見て下さい♫

この記事を書いたのは

坂井 槙之介

坂井 槙之介

こんにちはシンノスケです!
先日のFlight Scopeを使用したヒント
満席いただきありがとうございました^ ^
定期的にFlight Scopeを使ったヒントを開催していきたいと思います!
興味のある方は是非ご参加お待ちしています♫

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 1,941ビュー
  2. ターゲットにまっすぐ構えるために! 792ビュー
  3. ナイスショットを生み出すフォロースルー 597ビュー
  4. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 504ビュー
  5. 中途半端な距離のアプローチ 471ビュー
  6. バンカー内の傾斜 431ビュー
  7. 正しい腰の回し方 397ビュー
  8. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 372ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 299ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 284ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る