深いラフからのアプローチ

2017年8月5日 |

こんにちは norihiroです(^^)
皆さんコンペに旅行にゴルフを楽しんでいる方も多い時期だと思います。

今回のwebレッスンは「グリーン周りの深いラフからのアプローチの打ち方」についてお伝えしていきます。

このように深いラフにボールが埋まってしまった場合、皆さんは普段どのように打たれますか?

多くの方はフェースをあらかじめ開いて構えたり、ボールに対して打ち込んでいくイメージの方がいらっしゃると思います。

ただ夏のラフは皆さんのイメージよりもかなり抵抗が強く、アプローチでピンに寄せることが難しくなります。
そこで夏ラフ対策のテクニックとして「コック&ポップ」という打ち方をご紹介します。

<打ち方>
1、まず最初にクラブフェースを大きく開いていきます。
写真のようにウェッジのバックフェース側が地面にペタっとくっつくように思いっきり開いていきましょう。


2、次にバックスイングでは、出来る限り肩を回転させずにコックを作ってバックスイングを決めていきます。

この時コックを早めに作るイメージによって肩は回ってしまいがちですが、出来る限りアドレス時の肩の向きを保ったままバックスイングしていくことがポイントになります。

3、最後にコックを作ったバックスイングから切り返しでは肩をしっかりと回していきます。
イメージとしては胸がターゲット方向にしっかりと向くように肩を最後まで回していくことがポイントになります。

これによりラフに負けない柔らかいアプローチが打てるようになるので、興味のある方は試してみてください(^^)

夏のラフを克服して、引き続き夏のゴルフを楽しんでいきましょう!!

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

本格的なゴルフシーズンです!
ゴルフを一緒に楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

来年のタイキャンプの開催情報も更新しますので、お楽しみにぃ〜

◼︎SNS
個人ブログ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
も配信しております。
よろしければ、ご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 190ビュー
  2. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 177ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 154ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 146ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 119ビュー
  7. 正しい腰の回し方 108ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 105ビュー
  9. AwとSwの使い分け 101ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 高坂カントリークラブ (源河卓朗) 94ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る