バンカーショット フェースを意識するだけで簡単に脱出!

2017年8月30日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
バンカーショットにはスタンスの向きや、振り抜き方向など沢山のポイントがありますが、今回のポイントはもっとも大事で、簡単に意識できるポイントをお伝えしたいと思います。

ガードバンカーからなかなかボールが上がらない事や、砂を多くとりぎてしまってミスが出る事が多いと思います。
そこでクラブを振り抜いた後のフェースの向きと左肘・左脇をチェックしてみてください(^^)


ミスショットをした後に、下の写真の様な形になっていないでしょうか?

左脇がこの様に開いてしまうとフェース面が上を向いたままになってしまいます。
これによって砂を多くとりすぎてしまい、ボールが上手く出ない原因になってしまいます。

フェース面を開いたまま振り抜くテクニックはありますが、通常でのバンカーではフェース面を維持したまま振り抜かなくても簡単に出てくれます。

簡単にバンカーショットを打つ為に以下のポイントを試してみてください。

1,アプローチの様にフェースターンを行っていきましょう。
バンカーショットでは、砂をしっかりターゲットに飛ばす事が大切です。
フェース面を維持したまま振り抜くと、砂が真上に上がりやすくなります。
フェースの開閉を意識していきましょう。
バックスイングではフェース面を少し開く様にするとフェースローテーションがしやすいですよ(^^)


フィニッシュでは、しっかりフェースローテーションを行い、アプローチの様にクラブを立てていきます。

2,左脇、左肘が引けない様に気をつけましょう。
フェースターンを行う上で大事なポイントとして、左脇、左肘が下の写真の様に開かない様にする事が大事です。

下記のスイングの様にインオパクトではしっかり左ひじを伸ばしていきましょう。

また、インパクト後は左脇を締めたままフィニッシュを迎えていきましょう!

このポイントを意識して頂き、ガードバンカーを攻略して行きましょうね!

ありがとうございました。

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

もう少しで春のゴルフシーズンに突入しますね!
レッスンでは皆様の頑張りに答えたいと日々コーチングスキルをレベルアップしております。また、皆様の今まで積み上げてきた努力が、新たなスイングに変化しているのを2021年に入り、凄く感じております。
とにかく、諦めない。
とにかく、コーチに何でも聞く。
これだけで大きくゴルフが変化し、楽しくなります。
そんなヒントや思ったことを個人チャンネル「なかなか言わないすなお部屋」ラジオで発信しております。
皆様とゴルフ場でお会い出来るのを楽しみにしています!

☆新たなチャレンジスタート!
オンラインセッションスタートします。

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!
Podcast

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
GOLF学校-NAOTOゴルフチャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします。
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 341ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 287ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 262ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 193ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る