グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について

2018年9月3日 |

こんにちは!カズヤです^ ^
大分、涼しい日が増えてきて、秋の到来を感じてきましたね^ ^
今回はグリーンの硬さを表すコンパクションについて説明していきます。

コンパクションメーター(土壌硬度計)

グリーンの硬さは コンパクションメーターという土壌硬度計を使用して計測され、コンパクションという尺度で表示されます。
ちなみにコレが土壌硬度計(コンパクションメーター)です。
下にある円錐部を地面にさして、その抵抗を筒の中にあるバネの縮み具合で測るというものです。

そして、土壌硬度計にはメモリがついていて、
どのくらい土壌けらの抵抗があったかをみて、数値化されています。

表記の仕方は、地面からの抵抗値で示します。〜kg/㎠で表され、プロのトーナメントで12〜14kg/㎠(24〜25mm)、一般営業のゴルフ場で10〜11kg/㎠(23〜23.5mm)で10kg/㎠以下だと、大きなピッチマークがついてしまう柔らかいグリーンとされています。

また、トーナメントなどで『今日のグリーンのコンパクションは24ですね〜』なんて言っているのは、指数硬度目盛の値で、コンパクションの正しい単位で表すとおよそ12kg/㎠でやや硬めのグリーンということになります^ ^
因みに一般的な土壌硬度の調査では指数硬度目盛の数値を記録するそうです^ ^

こんな感じでトーナメント関係者やゴルフ場の管理の方々はグリーンの硬さの指標を日々出していたんですね〜
みなさんもゴルフ場に行った時は、ちょっと気にして見てみてくださいね^ ^

普段のコースレッスンでは、こうしたゴルフの豆知識も実際の様子をみながら解説しています。
ぜひ受講の際はコーチにいろいろ聞いてみてくださいね!
開催スケジュールはこちらから→
それではまた〜

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 647ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 400ビュー
  3. ホールインワンへの道 365ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 330ビュー
  5. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 277ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 260ビュー
  7. 正しい腰の回し方 247ビュー
  8. AwとSwの使い分け 212ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 184ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 158ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る