メンバーズカップに参加してみませんか?

2019年3月13日 |

今年は暖冬と3月に入っても穏やかな天気に恵まれていますね。その勢いで今週末も晴れてほしいものです^^;

関東では3月21日(木祝)にヌーヴェルゴルフ倶楽部で、東海・近畿では3月24日(日)スリーレイクスカントリークラブでメンバーズカップを開催します。GEN-TENメンバーの皆さまには、春のゴルフシーズンに向けてぜひラウンドの機会に増やして頂くためにもエントリー頂きたいと思っております。

昨年から中級者・上級者向けのメンバーズミーティングを毎月開催していまして、普段プレーすることのないゴルフ場でプレーできるという魅力をお伝えすることができております。これらのコンペをきっかけに公式競技への出場のきっかけにしてもらえたり、ハンディキャップインデックスを取得に繋がっていまして今後も継続して開催する予定です^^

その一方で普段のレッスン会場で開催していますメンバーズカップですが、昨年のご参加状況も踏まえて以前よりもラウンドの経験が少ないビギナーの方でも参加しやすいイベントへの変更を進めております。【レッスンプログラム改編のお知らせ(2019年度版)】

GEN-TENメンバーズカップとは

私がビギナーのみなさまへ参加をオススメする理由が3つあります。

1つめは、具体的な目標ができることです。
メンバーズカップに出場されますと、良くも悪くも結果(数字)がでます。なので次回以降のゴルフの目標ができます。ちなみに上達が早い方の特徴として、具体的な目標を持っている方が多いです。「安定してボールを飛ばしたい」、「大叩きしないように」という目標よりも「1年後までに100を切る」、「競技会に出ることを考えてるので90台で常にプレーする」といった目標であったほうが練習の方法や意識も変わってくるはずです^^

2つめは、普段のレッスンでは経験できない発見があることです。
18ホールをプレーすることで、同伴競技者のプレーからゴルフも学べます。またどのくらいの体力を使うのか、どのくらいのスピードでプレーすると良いのかなど競技形式でやってみることで感じる発見は多くあります。

3つめは、ゴルフ仲間が増えることです。
周りでゴルフしている人が少ない関係であまりプレーの経験ができない方はぜひこのメンバーズカップをプレーの経験を積むきっかけにして頂きたいです。実際にそこで一緒になった方とプライベートでゴルフにでかけるケースも聞いています。このイベントをきっかけにぜひゴルフ仲間を増やしてもらいたいです^^

メンバーズカップの競技形式は、ベストスコアをどれだけ更新できたかを競い合う形式にしています(ベストスコアブレイク)。
誰にでも入賞のチャンスはある一方で、自分の中で良いプレーができるかがポイントになります。入賞商品はテーラーメイドゴルフクラブ等になります。最新のクラブ(M6ドライバーなど)もご用意しています。

みなさまのご参加をお待ちしております^^!
2019年3月21日(木)ヌーヴェルゴルフ倶楽部(千葉)
2019年3月24日(日)スリーレイクスカントリークラブ(三重)

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

■打ち込みにベストな今!
春のベストシーズンに向けて練習は進んでいますか?好スコアが期待できないこの時期は、新しいことに取り組むにはとても良い時期になります。アスリートもこの時期に頑張った選手は素晴らしい成果をあげるケースが多いです。
この時期にサボってしまうと残念なシーズンを送ってしまいますので、レッスンもお得に受けられるこの機会に私たちと一緒に頑張りましょう^^
ウィンターキャンペーン(冬季料金)2019

■3月はリラックスレッスンの開催がスタート!
2月はほとんど開催のなかったリラックスレッスンがスタートします。ぜひ同僚の方やご家族をご紹介ください。ゴルフ仲間を増やしたり、家族サービスにぜひご利用ください^^

週間アクセスランキング

  1. スイング中のフェースの向き 531ビュー
  2. こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」 454ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 424ビュー
  4. ダウンスイング時の右膝のポジション 308ビュー
  5. 正しい腰の回し方 244ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 221ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 185ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 150ビュー
  9. 3/23GMM@カレドニアン・ゴルフクラブ攻略! 147ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る