Taylormade M6 Driver(テーラーメイドM6ドライバー)

2019年1月15日 |

「過去の延長線上に未来はない」という言葉を学生時代に聞きました。研究という分野では、いくら過去の文献や資料ばかりを眺めていても新しい発見をすることが難しいという意味であったと解釈していました。

昨日出席したテーラーメイドゴルフの新製品発表会では「スピードインジェクション」という新たなシステムが発表されました。クラブは反発係数を超えないように生産するのに対し、一旦基準を超えた反発係数ものを基準内になるように戻すというクラブづくりの新たな手法を明らかにしました。まさしくイノベーションとはこのようなことを指すのだなあと思うと同時に大学時代に聞いた先ほどの言葉を思い出しました。

ゴルフ界の都市伝説は本当だった
先日の記事でも述べたように、クラブを生産する際にはそのクラブの反発係数に誤差が生じるので、制限された数字に近いスパイシーヘッドから逆に遠いブランディーヘッドまで生産されます。新製品発表会では、「これまでタイガーウッズ選手、ダンティン・ジョンソン選手などの世界のトッププロゴルファー、そしてマーク社長(テーラーメイドゴルフCEO)にはエクストラススパイシーヘッドが供給されてきた(笑)」と言います。昔から噂にはあったようにツアーの選手に供給されるヘッドは反発係数ぎりぎりの仕様のものであることは真実でした。ブライアン・バゼル上級副社長は、「生産されるクラブの3%しかそのようなスパイシーヘッドが生まれなかった。そこですべてのゴルファーにそのヘッドを提供できないかと考えた」と今回のテクノロジーの誕生の背景を明かしました。

2019新製品発表会の様子

M6ドライバーの特徴

M6ドライバーの外観です。

いわゆるシャローフェースでボールが上がりやすい設計です。

またスピン量も多めにかかりそうなのでボールのコントロールに優れたドライバーの印象です。
ドライバーでもしっかりフェアウェイにボールを止めたい方にはM5ドライバーよりM6ドライバーをおすすめします。

M4と比べて…
・20%薄くなった「ツイストフェース」
・「スピードインジェクション」によりボール初速UP
・新しくなった「ハンマーヘッドソール」でスイートエリアを拡大
・ソールにグラファイト・コンポジットを採用し設計自由度が向上
・ソール後方に46gのウエイトを搭載しより低重心に
(FCTスリーブを採用しているのでこれまでどおりテーラーメイドユーザーには安心してお使いいただけます。)

GEN-TENのレッスンでも試打クラブをご用意する予定です。
ぜひ担当コーチからフィッティングを受けて最新のテクノロジーが搭載されたクラブをご堪能ください^^

TaylorMade

M6ドライバー

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

こんなコーチ研修を行なっています
6月末にサニーカントリークラブで開催したコーチ研修をしましたよ!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

バイメカ視点でクラブ選びについて書いてみました
生体力学といわれるバイオメカニクスを応用するとクラブ選びは意外と簡単かもしれませんよ!→バイオメカニクスからみたクラブ選びについて

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
https://www.instagram.com/t.keisuke222/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 546ビュー
  2. アプローチでのキャリーとランの比率について考える 488ビュー
  3. 「え~!こんな時どうしましょう?バンカーの淵にボールが止まったら」 323ビュー
  4. マナーアップ大作戦!〜プレイファスト編 part1〜 319ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 266ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 200ビュー
  7. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 162ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 161ビュー
  9. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 135ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 124ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る