テーラーメイド MILLED GRIND WEDGE (ミルドグラインドウェッジ)

2017年7月24日 |

2017年4月に発売されたテーラーメイド ミルドグラインドウェッジについてご紹介します。

テーラーメイドによると世界のトップランカーのリクエストを元に素材、ヘッド形状、溝にいたる細部まで研究とテストを重ねたとのことです。今回のウェッジはCNC(コンピューター数値制御)表面削り出し製法により、製品1本1本が計算されたデザインによって作られています。
スタンダードバウンス(SB)とローバウンス(LB)の2種類のバウンスをラインナップしており、プレーヤーのニーズに合わせて正確なショットを実現させます。
僕はターフを多くとっていくタイプなので、スタンダードバウンスのウェッジを選びました。
前回のモデルよりも顔がスッキリしている印象を受けます。

打った感じはスピン性能は申し分なく良いです。特徴的なのはヘッドの抜け感で、深く入ってしまってもボールへのコンタクトは鈍らないと思います。よく抜けてくれるので距離感が合います。

ヒール部分の赤い部分は『プレシジョン・ウェイト・ポート』と言い、これを埋め込むことで、シャフトとの結合が高まるとのことです。
柔らかい打感を実現させてるのは、このプレシジョン・ウェイト・ポートを採用したことにあるでしょう^^

USPGAツアーで使用率No.1のボールとして世界席巻しているTP5&TP5Xとの組み合わせも抜群だと思います。
TP5&TP5Xの試打レポートはこちらです。

この夏の相棒としてぜひ使われてみてはいかがでしょうか^^
気になる方はチェックしてくださいね!
使用したクラブでのレッスンの様子です。

ありがとうございました!
keisuke

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

こんなコーチ研修を行なっています
6月末にサニーカントリークラブで開催したコーチ研修をしましたよ!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

バイメカ視点でクラブ選びについて書いてみました
生体力学といわれるバイオメカニクスを応用するとクラブ選びは意外と簡単かもしれませんよ!→バイオメカニクスからみたクラブ選びについて

説明会&体験レッスンを担当しています。
新年度より説明会&体験レッスンの担当をすることになりました。これからゴルフを始める方やお友達、ご家族の方ともぜひ説明会&体験レッスンにいらしてください。
説明会&体験レッスンの様子

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
https://www.instagram.com/t.keisuke222/

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,703ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 807ビュー
  3. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 448ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 233ビュー
  5. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 197ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 196ビュー
  7. AwとSwの使い分け 194ビュー
  8. 正しい腰の回し方 139ビュー
  9. キャディバッグの担ぎ方 127ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 122ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る