TOUR PREEFERRED WEDGE(ツアープリファードウェッジ)

2014年4月19日 |

今回は新製品ウェッジのご紹介です!!
ツアープロのリクエストをもとに誕生した「TOUR PREEFERRED WEDGE(ツアープリファードウェッジ)」
前作モデルのATVウェッジに比べ、スピン性能と美しい形状を兼ね備えたウェッジに仕上がっています!!20140419_blog_norihiro04

【ヘッド形状】
リーディングエッジは左右対称の丸みを持たせた形になっており、クラブフェースを開閉する際に違和感の感じない形状になっています。20140419_blog_norihiro01私自身の構えた感想としてはターゲットに対してスクエアに構えやすくボールを拾いやすい印象も受けました(^^)

またソールデザインとしてヒール部分を適度に削っていることでとても座りのよいフォルムになっています。さらに前作のATVウェッジに比べるとトレーリングエッジ(バウンス側)も丸みを持たせていることから様々な場面に応じたクラブヘッドの開閉が自由自在な形状になっています。20140419_blog_norihiro02
私も実際アプローチショット・バンカーショット・ロブショット・傾斜地など様々な場面での性能を試してみましたが率直な感想として「とても抜けが良い!!どんな場面でも自信を持って使える!!」という手応えを感じました。

さらにフェース面にランダムな模様が見られると思いますが、これはマイクロテクスチャーという特殊加工を施してある独特の模様になります。それに加えミリング加工された高性能の溝によりスピン性能がアップしています!!20140419_blog_norihiro03
打感としてはフェース素材でステンレススチールを使用していますが、感触として前作のATVウェッジの軟鉄フェースと遜色のない印象も受けました(^^)

【スペック】
ロフト角 50° 52° 54° 56° 58° 60° と6種類、シャフトもDynamic Gold、 KBS TOUR C-Taper95、N.S. PRO950GH などシャフトも3種類から揃っていて幅広いラインナップになっています(^^)

ご自身のクラブセッティングに応じたロフト角を選んで頂けるとイイですね!!(ちなみに左利き用として52° 56° 58°があります)
スペックの流れに関してはレッスン内でコーチに相談してみてください(^^)!!

気になった方はぜひ本格的なシーズンを新製品ウェッジの性能を感じながらゴルフを楽しんでいきましょう!!
高性能ウェッジで気持ち良いスピン性能を感じながらスコアメイクに繋げていきませんか??
ショートゲームの引き出しも増えるかもしれませんよ(^^)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

本格的なゴルフシーズンです!
ゴルフを一緒に楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

〜オススメ〜
キャンプやレッスンも開催させて頂きます。
◼︎キャンプ開催
・ディスカバリーキャンプ
6/20(木)-21(金) 夏泊ゴルフリンクス

・強化合宿
7/26(金)-28(日) サニーCC with 源河コーチ
8/10(土)-12(祝月)トライフィールド
8/16(金)-18(日)マオイゴルフリゾート with 原田コーチ

◼︎アカデミア
自分だけの理想とするスイングを手に入れる!をテーマに皆さんの上達をサポートする3ヶ月集中のレッスンプログラムです(^^)
7月以降も開催予定です!

よろしければ過去の記事もご覧ください。

◼︎体験レッスン
GEN-TENのレッスンをご検討されている方は実際のレッスンと内容の変わらない「体験レッスン」もご検討ください(^^)

◼︎SNS
個人ブログ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
も配信しております。
よろしければ、ご覧ください!

Facebookページ / Instagram

週間アクセスランキング

  1. 夏のラフ対策でナイスショット! 641ビュー
  2. 左足上がりのアプローチは傾斜に沿ってスイング! 620ビュー
  3. 「バックスイングにおけるハンドアクション」by norihiro 570ビュー
  4. アプローチでシャンクを止める方法は肩にあり 546ビュー
  5. ドライバーショット安定の秘訣 316ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 223ビュー
  7. 正しい腰の回し方 193ビュー
  8. 深いラフからのショット 182ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る