前傾姿勢を保つには左肩がポイント!

2017年10月21日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
今回は前傾姿勢を保つ為のポイントをお伝えしたいと思います。

スイング中の伸び上がりは多くのゴルファーの方が経験する事だと思います。

伸び上がってしまうと、スライス球が出やすくなり、それを嫌がると左への引っ掛けを招いてしまいます。
分かっていても、スイング中の起き上がりというのは、体の硬さや、クラブの重さの反動があるので簡単に直す事は出来ません。

そこで、前傾姿勢も保ちながら、しかもコックをなるべく保てるポイントをお伝えしたいと思います。

そのポイントとは「左肩を下げる」です。

トップポジションから左肩が下記の様に上がってしまうと、体の伸びあがり、コックがほどけてクラブが下から入りやすくなってしまいます。

そこでトップポジションから左肩を地面の方向に下げていくようにします。


下げれば下げるほど、前傾は保たれやすくなり、コックのほどきも遅くなります。

実際にボールを打ちながら意識するのは簡単な事ではないので、鏡を見ながら素振りをして意識するだけでも違ってきます。
体を上手く開きながら打つプレイヤーや、開きを抑えて打つ選手など様々ですが、もしスライス球やトップ球で悩んでいる方がいれば、これが一つのヒントになると思います。

最初は左肩を下げる事でダフリそうですが、スイング動画を撮ると分かりますが、意識しているよりも左肩はなかなか下がりません。
ですので、少しずつ体に覚えさせていく事が大事になります。

繰り返し鏡の前でやってみてくださいね。
綺麗に前傾姿勢を保てていると思います(^^)

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

先日シンガポールコーチによる「アプローチに特化」したゴルフコーチングセミナーを受けてきました。
約2年前から私自身試行錯誤を繰り返していたコーチング内容と最新のデーターを照らし合して、自信を持ってレッスンでお伝えしたいと思い参加しました。
見事大当たり!ということで、皆様に今後どんどんお伝えしていこうと思います。

まだまだ気温が高い日が続きますが、水分補給をしっかり行って頂き、
ゴルフ場で沢山楽しんで頂けたら嬉しいです。

皆様のご参加をお待ちしております!(^^)

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

Podcast

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
コースレッスン専門コーチ なおと チャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします!
Naoto Golf Coach Facebook & Instagram

 

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 225ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 215ビュー
  3. ゴルフルール「マンホールにボールが止まったら?」 208ビュー
  4. シャフトクロスになる原因は右肘! 180ビュー
  5. 傾斜地のアドレス〜ゴルフ上達9つのヒント〜 151ビュー
  6. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 137ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 128ビュー
  8. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 122ビュー
  9. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 109ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 99ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る