こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」

2019年3月21日 |

みなさんこんにちは、ko-seiです。
暖かい日も増えて少しずつ芝も緑になってきましたね。
春はもうすぐ!

今回のこんな時どうする?は「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」についてです。

ヘッドスピードの1番早いドライバーショットは少しのズレでも不安定になりますね。
ドライバーが不安定な時に最初にチェックしていただきたいのがセット(ボールとの距離)です。

ボールとの距離が毎回変わると動きを変える必要が出てきて、安定したショットは望めなくなります。
ボールとの距離を安定させるためのチェックポイント。
上体を起こし、グリップエンドがベルトのバックルを挿す位置でグリップします。

そのまま股関節から前傾をして出来上がりです。

上体を起こした時に胸のあたりをグリップエンドが挿す位置でグリップすると前傾した時に遠すぎて、強いインサイドアウト軌道や強いアウトサイドイン軌道になりやすくショットが安定しません。



上体を起こした時にバックルよりも下をグリップエンドが挿す位置でグリップすると近すぎて窮屈になりヘッドアップや重心が右に残るスイングとなりショットが安定しません。


傾斜のないティーイングエリアではボールとの距離を変える必要はないので、安定したボールとの距離でセットできるようにチェックしていきましょう!

春に向けてドライバーショット向上の為のヒントレッスンも企画していますのでスケジュール確認してみて下さい。

3/31 ドライバーを極める!&ハーフラウンド

4/21 飛距離アップを叶える(ハーフラウンド)※各メーカー人気の試打ドライバーを用意しています!

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。
春のゴルフシーズン、楽しんでいますかぁー。
風が気持ちいい季節ですね。
5月よりワンウェイゴルフクラブでのレッスンがスタートします!
メニューはワンウェイゴルフクラブでしか受けられない練習&18ホールプレー。
暑くなる前にみっちり練習しておくには練習もラウンドもできて最適のメニューです。

週間アクセスランキング

  1. 夏のラフ対策でナイスショット! 641ビュー
  2. 左足上がりのアプローチは傾斜に沿ってスイング! 620ビュー
  3. 「バックスイングにおけるハンドアクション」by norihiro 570ビュー
  4. アプローチでシャンクを止める方法は肩にあり 546ビュー
  5. ドライバーショット安定の秘訣 316ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 223ビュー
  7. 正しい腰の回し方 193ビュー
  8. 深いラフからのショット 182ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る