高く打つアプローチについて

2019年5月10日 |

前回は低いアプローチについてご紹介しました。今回は高く打つアプローチ(ロブショット)についてお話していきたいと思います。

リスクも高いショットなのでラウンド中に打つ機会は少ないですが、アプローチの引き出しを増やすためにも習得してもらいたいショットです。
ビギナーの方でも知識として覚えてもらえるとゴルフが楽しくなるかもしれません^^

・アドレス

このショットでポイントになるのが他のショットと違い、クラブフェースを大きく開くという点にあると思います。
クラブフェースを開かず高いボールを打つことはできませんので、思い切ってフェースを空の方に向けてみましょう。

低いショットではハンドファーストを意識して打ちます。このショットでは反対にハンドレイトを意識しなければいけません。
アドレスの段階でクラブヘッドよりも手元が目標の方向にいかないように気をつけましょう。

高く打つアプローチでは、ボールの下にクラブヘッドが入り込むことが必須です。
なのでボールの位置は、体のセンターから左寄りに寄せてボールを打ちます。

スイングを意識する中で抑えておくことは、スイングプレーンをいわゆるフラットにすることです。ですがフラットを意識してインサイドにクラブを引いてしまうとダフリのミスが起こる可能性が高くなります。

そこで、ターゲットに対して体の向きをオープンにして構える必要があります。

・スイング

体をオープンにしながらショットをすることでスイングをフラットにさせることができます。こうすることで入射角(図の緑の線)を緩やかになりボールを高く打ち上げることができます(黒いラインは地面、赤いラインは打ち出される方向を表しています)。入射角を急な角度にするとボールは低くでるのでフェースを開いたとしてもボールを高く打ち出すことは難しくなります。

スイング中に気をつけることは、①低いフラットなスイング、②大きなバックスイング、③フォローの左肘の形です。
①低いフラットなスイングを実現させるためにアドレスではオープンスタンスでターゲット方向にスイングをするイメージが必要になります。この時にダフリやすくなってしまうのがこのショットの難しいところです。バックスイングとダウンスイングで後方から見た時に右肘と重なるくらいのポジションで振っていくと良いです。

②通常のショットやアプローチと違い、ハンドファーストではなく、ハンドレイトの形でショットするため右手の動作が大きくなります。バックスイングを大きくして、インパクト手前では右手が左手を追い越すくらいのイメージでハンドアクションを行う必要があります。

③フォローでは左肘がたたむように収まると上手に打てた証拠になります。バンカーショットでも写真のように同じフィニッシュの形になりますね!ボールを上げる時はこの形が重要です。

滅多に使うことのないショットではありますが、プレーの幅を広げるためにもぜひ参考にしてもらいたいと思います。
うまく出来たという方はぜひ教えてください^^

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

4月から説明会&体験レッスンを担当します。
新年度より説明会&体験レッスンの担当をすることになりました。通常のレッスンの開催が極端に少なくなります。普段からレッスンに来て頂いてます皆様には申し訳なく思っております。数少ない通常のレッスンにもぜひいらしてくださいね!またこれからゴルフを始める方やお友達、ご家族の皆様にも説明会&体験レッスンをご紹介ください!
説明会&体験レッスンの様子

コーチ研修を行いました!
3月末に行なったコーチ研修の様子です。→東京−大阪の中間地点にあたる浜松で開催しましたよ。久しぶりに私も登壇!今後もどんどんいろんな場所でアウトプットしてスキルを高めていきたいと思います!

グリーン周りのクラブを見直してみませんか?
今年のマスターズを優勝したタイガー・ウッズ選手が愛用する「ミルドグラインド・ウェッジ」ですが過去に記事で紹介しました。
また世界のトップランカーが使用する「ハイ・トゥ ウェッジ」も注目アイテムです!
アイアンセットについているアプローチウェッジやサンドウェッジでは確実な寄せワンは期待できません。新シーズンこの機会にぜひ買い替えをお勧めします!^^

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 1,938ビュー
  2. ターゲットにまっすぐ構えるために! 792ビュー
  3. ナイスショットを生み出すフォロースルー 596ビュー
  4. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 504ビュー
  5. 中途半端な距離のアプローチ 471ビュー
  6. バンカー内の傾斜 431ビュー
  7. 正しい腰の回し方 397ビュー
  8. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 372ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 299ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 284ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る