ゴルフ上達のヒント!パター巧者になるための考え方

2020年2月25日 |

こんにちは norihiroです(^^)
季節外れの暖かさが続いていて良いですね!
このまま春、写真のような夏に早くなって欲しいものです(笑)

今回はパッティングについての考え方です。
パターで悩まれている方は参考にしてみてください。

■振り子で打つということは?

レッスンでも…
「肩でストロークしましょう」「振り子のように身体を使って打ちましょう」という言葉やアドバイスを耳にしたことがあるかと思いますが、これは振り子という運動がゴルフスイングにおける原理原則でもあり、パターが最も正確にその運動を体現されないといけないクラブだからです。

14本あるクラブの中で一番ボールに対して近くに立って目線の真下にあるボールを打つ単純なクラブであることは認識されていても中々パター巧者にはなれないものですね(笑)

■セットアップ

「振り子運動」を体現しようと思ったときにセットアップで何が大切だと思いますか?
それは出来る限り高い位置に「支点」を持っておくことが大切です。
例えば首の付け根や胸郭、喉仏など身体の高い位置にある部分に「支点」を設ける意識を持つとクラブと身体が一体となったストロークがしやすくなります。

■テンポと加速度

またパターには「テンポ」と「加速度」という考え方があります。
テンポとは…
テイクバックにかかった時間は切り返しとフォロースルーの時間と等しいという等速という考え方です。

これはパンチとは違い、切り返しからフォロースルーの方がテイクバックよりも長い距離を要しながらも同じ時間でストロークしていることを意味しています。

パター巧者はテイクバックのテンポ「1」に対して「2」のインパクトでスピードコントロールをしていく。イメージとしては(1.2..パン!)と打っています。

一方で加速度とは…
パッティングを安定させるのに、手元で加速させるのか?自然な振り子運動に委ねるのか?という考え方です。

パッティングの上手なプロを見てるとほとんどの選手はテイクバックもフォロースルーも小さいですよね?

パッティングの名手は切り返しの手前でポンと加速を入れています。インパクトで仕事が終わっているので、フォローを大きく出さない。

要するにインパクト前後の動きでいかに自然な落下運動になっているのか?が肝になるということになります。

以上のことからフォロースルーを大きく出す動きや意識は返ってパター精度を悪くしてしまう要因に繋がってしまうことになります(笑)

スコアにも直結するパター、少し意識を変えてみるとスコアも変わるかも!?しれません(^^)v

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

今年も皆様のゴルフライフを豊かにするサポートを全力でさせて頂きます!

2023年も様々なことにチャレンジしながら、皆様と楽しく1年間過ごしていきたいと思います。

日々新しい出会いを楽しみにしております(^^)

〜オススメ〜
■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE

Facebookページ

Instagram

アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!

週間アクセスランキング

  1. テークバックは下半身不動!(Vol.1) 1,225ビュー
  2. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 200ビュー
  3. シャフトクロスになる原因は右肘! 171ビュー
  4. 南国ゴルフキャンプと宮古島探検記 前編 158ビュー
  5. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 108ビュー
  6. ゴルフ テークバックはゆっくりがいい? 107ビュー
  7. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 105ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 95ビュー
  9. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 93ビュー
  10. 南国ゴルフキャンプと宮古島探検記 後編 76ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る