アプローチ フェアウェイとラフの飛び方の違い

2021年5月28日 |

こんにちは、toshiyukiです!
今回はアプローチでフェアウェイとラフから打った時のボールの飛び方の違いについてお話ししたいと思います。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違い

フェアウェイとラフの飛び方の違い

クリーンヒットできるかできないかで飛び方が変わる

フェアウェイとラフから打つ時の大きな違いはインパクトでクラブフェースがボールに直接コンタクト(クリーンヒット)できるかできないかです。
ラフから、特にボールが深く沈んでいる時はインパクト時にクラブフェースとボールの間に芝が挟まりクリーンヒットできません。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いラフインパクト
インパクトによってボールの飛び方が変わってきます。
では実際に飛び方がどのように変わるのかをみていきましょう。
クラブは58度のSwで振り幅はグリップが腰の高さにくるぐらいです。

フェアウェイからの飛び方

まずはフェアウェイから打った時の飛び方ですが高さは2mぐらいで15ydキャリーしました。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いFW高さ
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いFWキャリー
キャリーした後は少しスピンがかかり7yd転がってトータル22yd飛びました。

ラフからの飛び方

ラフからは高さは2.5mぐらいでキャリーはほぼ変わりませんでした。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いラフ高さ
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いラフキャリー
キャリーしてからはスピンがほとんどかからず15yd転がりトータル30yd飛びました。

まとめ

まとめると高さはラフからの方が少し高めでキャリーはほぼ変わりません。
フェアウェイからはスピンがかかりランが少なく、ラフからはスピンがかからずランが多くなりました。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いラン
このような傾向を考慮し、プレーの際はグリーンの傾斜(上り下り)やカップの位置など状況によってボールの落とし場所やランなどをイメージしてクラブを選択して下さい。

ラフからボールを止めたい時

前述したようにインパクトでクラブフェースとボールの間に芝が挟まることでスピンがかからずランが多くなります。
なのでラフからボールを止めたい時はボールを高く上げて止める必要があります。
そのためにはまずSwを選択しフェースを開いてロブショットのように打つことをお勧めします。
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いロブショットSw
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いロブショットアドレス
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いロブショットテークバック
GEN-TENコースレッスンアプローチFWとラフの違いロブショットフォロー
ロブショットの打ち方はまた別の機会にwebレッスンでご紹介したいと思いますのでそちらを参考にして頂くか、レッスンでコーチに聞いてみて下さい!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

そろそろ梅雨の時期に入りますが皆さんゴルフを楽しんでますか?
普段、雨の日はプレーしないという方も今年は雨ゴルフにチャレンジしてみては?
雨ゴルフのコツなどもレッスンでお伝えしますよ!
自然の中でゴルフを楽しんでいきましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. 快適に雨のゴルフを楽しむコツ! 958ビュー
  2. アプローチ 距離感を身につける為に大切なこと! 343ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 332ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 325ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 231ビュー
  6. 初心者はゴルフレッスンを受けたほうがいい?! 220ビュー
  7. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 187ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 179ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 174ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 162ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る