「任せる力を身につける!」ヒントレッスンのご紹介

2023年12月19日 |

急に寒くなった日曜日、ヌーヴェルゴルフ倶楽部で行われたレッスンにお邪魔し、密着取材?をしました。この日はコーチ2人の同時開催でした。一方は、井上ノリヒロコーチです。前日があまりに暖かかったので油断したそうで、とても薄着でした。心優しいお客様から、手袋と貼るカイロをお借りしているところを盗み撮り(^^)

もう1人は、寺嶋ケイスケコーチです。ヒントレッスンのテーマは、「任せる力を身につける!」でした。最初にスライドを使った座学がありました。力任せに振るのではなく、何もしないスイングを目指します。無理に何かをしようとするからミスが起こる、その何かは勘違いから生じているのかも。その例として、アプローチショットのダフリの原因を取り上げていました。うーん、実に奥深いテーマです♡

レッスンの目的がわかったところで、次は実践練習です。まずはパッティンググリーンで「何もしないパッティングストローク」を体験します。そのための練習ギアはこちらのボード。

何回かストロークしているうちに、私にもだんだんと何もしないの意味が分かってきました。インパクトやフォローに意識を持つのではなく、むしろ気をつけるべきは最初のテイクアウェイ。バックスイングで正しい軌道に乗せれば、パターはオートマチックに戻ってきます。この打ち方で今までよりも転がりが良くなった人は、どこかでパンチが入ってる証拠かもしれません??

アプローチ練習場では、まずテニスのソフトボールを打って、大きく振っても飛ばさないショットを練習しました。小さい動作で距離を出そうとするからどこかで無理な力が出ると寺嶋コーチは言います。「何もしないで勝手にボールが飛んでいく」リズムと感覚を覚えるように、皆さんボールを打ち続けました。デモを交えながらの寺嶋コーチの柔らかく丁寧な説明に、皆さん聞き入っていらっしゃいました。

仕上げは練習場でのフルショットです。これも何もしないのですか?体重移動はどうするんですか?どうしても力が入ってしまうのですが?力を入れないと飛ばないのですが?ギモンはたくさん。ここでも寺嶋コーチはスマホで動画を撮りながら、お一人ずつの修正点を丁寧に説明していました。

午後は9ホールラウンドです。特にショートゲームではヒントレッスンの効果が出たお客様がいらして、「驚くほど寄せられるようになった」と驚かれていました。ナイスです!

ラウンド後は、リフィルにお一人ずつのまとめと振り返りのメモを書いてお渡しします。この日はクリスマスカードも一緒にお渡ししました♡ ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。素敵なホリデーシーズンをお過ごしください♪

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

野村 祥子

野村 祥子

皆さまいかがお過ごしですか?
12月から日本でレッスンを再開させていただきます。
コースでお会いできることを楽しみにしています。

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 215ビュー
  2. 2023年新ルール知ってますか? 214ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 172ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 164ビュー
  5. 競技用スコアカードの書き方 128ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 124ビュー
  7. 「スプーン」は必要?!3番ウッドについて考える 118ビュー
  8. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 104ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 96ビュー
  10. キャディバックの持ち方 89ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る