ロブショット

2010年7月20日 |

20100717_blog_max.jpgこんにちは、マックスです!
初WEB LESSONで何書けばいいかちょっと悩んだけど、やっぱり皆がやりたがるロブショットにしようと思いました。
ロブショットはとても格好いいショットだけど、適当にやっちゃうと、とんでもない結果が出てしまいますからね。
もちろん距離を合わせてピタッと寄せるのは大変だけど、基本さえマスターすればショット自体はそんなに難しくないので少し紹介してみたいと思います。

まず「普通のアイアンショット」と「ロブショット」の違いを覚えましょう!

普通のアイアンショット:
○クラブフェイスをターゲットの方に向ける。(フェイスの向きはボールの辿り着く場所を決めるからです。)
○肩のラインとターゲットラインは平行です。
○体の向きに対して、必ずスイングをします。

ロブショット: 
○クラブのフェイスを開きます。(この場合は握った時にグリップのブランドロゴが右に向いてます。) そしてその開いた状態のままフェイスをターゲットの方に向けます。
○肩のラインと足のラインがターゲットの左の方に向いてます。(ターゲットの方向に対して、体を開いて構えます。)
○ボールにクリーンに当てれるように体重をちょっと左足に掛けます。(もしわざとボールを上げようとしたらトップ、だふり、シャンクなどが出やすくなります。それを避けてください。)スイング中も体重はやや左足をキープしてください。
○ターゲットの左の方にスイングをする感じです(黄色ラインに対してスイングをします。)
○ボールの位置は体のラインに対して、スタンスのほぼ真ん中、真ん中よりちょっと左です。
○リズムもロブショットの大事な鍵です。クラブの重さを使いながらテンポ良くスムーズにスイングすることが大事です。

読んでもらっても分かる通り、ロブショットは難しいテクニックです。
コースで仕方がない場合だけロブショットを使ってください。チョイスの余地があれば必ず転がりのアプローチを選んでください。成功の確率がもっと高いですからね(^ー^)
でも決まるとカッコいい!
興味のある方はレッスンに参加した時にリクエストして下さい。待ってます(^^)/

【Link】
マキシム•フォサー→

EAST(東日本)レッスンスケジュール→

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 220ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 186ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 183ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 180ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  6. 正しい腰の回し方 137ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 137ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 117ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 115ビュー
  10. AwとSwの使い分け 109ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る