ルール「グリーン上の直せるキズ跡と直せないキズ跡は?」

2014年10月4日 |

こんにちは、中村です!
暑さも和らぎかなり過ごしやすい季節になってきましたね!ゴルフ場のコンディションも良くグリーンも徐々に速くなってきていますね!グリーンが速くなるとあまり強く打てないのでライン上のキズ跡がとても気になってしまいます。キズ跡を見つけるとパターの裏でポンポンと直したくなりますがルールの上で直せるキズ跡と直せないキズ跡があるのをご存知でしょうか?
20141003_blog_toshiyuki_01a

グリーン上でよくボールの落ちた跡(ボールマーク)を見かけると思いますがこれは直せるキズ跡です!
グリーンの硬さにも依りますがだいたい50y以上離れた所から打ったボールがグリーンに乗るとボールマークがつきます。ゴルファー全員が自分がつけたボールマークを直せば綺麗なグリーンで気持ち良くパッティングできるのですが残念ながら茶色く枯れてしまっているボールマークもたくさん見かけます。すぐに直せば枯れることはないのですがそのまま放置するとすぐ枯れてしまい再生するのにかなり時間がかかってしまいます。なので自分がつけたボールマークは必ず直して下さいね!他の人がつけたものも直しているとゴルフの神様がご褒美をくれるかも知れませんよ!!(*^^*)
20141003_blog_toshiyuki_02a20141003_blog_toshiyuki_03a20141003_blog_toshiyuki_04a

ではこのようなキズ跡を見かけたことはありませんか?これはスパイクでグリーンを引きずった跡(スパイクマーク)です。
20141003_blog_toshiyuki_05a
このキズ跡はライン上にあると直せません。(※プレーの援助にならないものは直せます)最近はソフトスパイクやスパイクレスシューズがほとんどでスパイクマークはあまり見かけなくなりましたが昔は(20年以上前かな?)鉄の鋲が付いたスパイクが主流で油断するとすぐスパイクマークがついてしまうのでとても気を遣って歩いていたのを思い出します!(笑)

20141003_blog_toshiyuki_06a
前述したものと他にホールの埋跡は直せますがそれ以外のキズ跡は直せません!
普段プライベートでラウンドされる時はあまり厳しくする必要はないと思いますがコンペや競技に参加される時は注意して下さいね!

プレーが終わればどのキズ跡も直せるのでみんなでグリーンを綺麗にして気持ち良くプレーしましょう!!\(^○^)/

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

今年は暖冬と言われていますが寒さに弱い私にとっては十分寒さが身に沁みます。(^^;;
しかし例年に比べると明らかに気温は高いのでゴルフがしやすいですね〜!^_−☆
せっかくの暖冬なのでコースに出てゴルフを満喫しましょう!*\(^o^)/*

★キャンプのご案内★
2/22(土)〜24(月)
強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ(タイ)
https://www.gen-ten.jp/event/22619

4/4(土)〜5(日)
ディスカバリーキャンプ at ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ
https://www.gen-ten.jp/event/22810

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ バンカー〜バンカーショットでバウンスを上手く使う方法〜 1,255ビュー
  2. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 983ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 607ビュー
  4. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 395ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 388ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 378ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 253ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 238ビュー
  9. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 198ビュー
  10. 2020/2/8-2/21週刊GEN-TEN 161ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る