GEN-TENメンバーズカップ会場~東京バーディクラブの攻略法~

2015年8月25日 |

みなさん、こんにちは!ko-seiです。
2015年最後の夏、楽しんでいますか?

夏の中に、秋を少しずつ感じられるようになってきた今日この頃ですが、関東の秋のメンバーズカップまで、あと2週間を切りました。

現在、満員の52名が参加予定ですが、参加者の中には、今回の会場となる東京バーディクラブでレッスンやプレーをされたことのない方もいらっしゃると思うので、特徴や攻略方法など書かせて頂きます。
20150825_blog_ko-sei_01
事前の練習や、当日のマネジメントに活かしていただければと思います(^^)/

コース全体の特徴としては、フェアウェイが広く距離はあまり長くありませんが、PAR4、PAR5のうち7ホールがティーショット打ち下ろし、セカンドから打ち上げのホールがあります。この打ち下ろし、打ち上げの7ホールの攻略が、勝敗を分けると思われます。
20150825_blog_ko-sei_02

さっそく、この7ホールの攻略ですが、まず無理をしないこと。
打ち上げなので、手前から転がってグリーンに乗ることは少ないですが、かと言って番手を上げすぎると奥にこぼれて、奥からの難しいアプローチが残ります。この7ホールでは、グリーン手前で良しとしてアプローチ&パターで凌ぎましょう!

また、グリーン周りに巧みに配置されているバンカーは、雨などで硬さが不安定なので避けたいですね。
だた、打ち上げの場合はバンカーがグリーンを狙うセカンドショットで見えなくなるケースがあるので、ティーショット後にグリーン周りのバンカー位置を確認しておく事が大切です。

5番ホール、PAR5を例に紹介していきます。
20150825_blog_ko-sei_03

写真は5番PAR5のセカンドショット地点からの写真です。
20150825_blog_ko-sei_04

この写真は同じホールのサードショット地点からの写真です。
20150825_blog_ko-sei_05

グリーンとグリーンの間のバンカーは、サードショット地点から完全に見えなくなりましたね。ショートゲーム勝負の7ホールではバンカーに入れないように、忘れずに自分の目で確認して戦略を考えていきましょう!

PAR3は東京バーディクラブで唯一池が絡むホールがあり、プレッシャーを受けやすいです。
20150825_blog_ko-sei_06

男性130Y~170Y、女性120Y~150Yなので、個々に使用しそうな番手を練習しておきましょう!

グリーンは微妙な傾斜が多く奥が高め、夏の暑さで転がりはやや遅めです、ロングパットの距離感がキーになるでしょう。ロングパットの練習をしておきたいですね!

2グリーンの為、基本的なグリーンへの攻めはグリーンとグリーンの間ですが、数ホールでグリーンとグリーンの間にバンカーがあるので、ショットの前に忘れないように確認しておきましょう!
20150825_blog_ko-sei_07
練習のポイントは、ロングゲームは方向重視、ショートゲームは打ち上げやバンカー越えに備え、少し上げるボールを準備しておきたいですね。

最後に、とても綺麗なコースでクラブハウスの雰囲気も良く、写真はありませんが、食事も美味しいと評判なので、こちらも楽しむ事を忘れずに〜

それでは、メンバーズカップまで心身共に整えておいて下さい。
みなさんの活躍を祈っています(^^)v

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさん、こんにちはko-seiです。

今できる準備をしっかりと行なっていきましょう!

やまない雨はない。

週間アクセスランキング

  1. シャフトクロスになる原因は右肘! 294ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 288ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 253ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 239ビュー
  5. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 179ビュー
  6. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 164ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 149ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 136ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 128ビュー
  10. 前傾姿勢を保つには左肩がポイント! 121ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る