クラブのギア効果 ~バルジ~

2015年12月12日 |

皆さんこんにちは!kentaroです(^-^)
今回はバルジのもたらすギア効果についてお話します。
20151209_blog_kentaro_01

皆さんはウッドにのみフェース面を上から見ると丸みがついているのはご存知ですか?
20151209_blog_kentaro_02
フェースの真ん中が盛り上がり、フェースの左右にかけて丸くなっているのが分かるかと思います。このフェースの丸みを「バルジ」といいます。

ではなぜ、ウッドのみにこのバルジが設計されているか、例えばインパクト位置がトウ側にずれると、フェースは開いていきます。このときボールはフェースに密着しているので、摩擦力によってフェースの回転と逆の方向にスピンがかかります。

この動きが、かみ合わせたギアの動きに似ていることから「ギア効果」と呼ばれています。
20151209_blog_kentaro_03

本来なら右利きの人の場合、トウ側にヒットするとフェースが開いていくのでそのまま右に飛び出していきますが、このギア効果のおかげで右に飛び出たボールがフック回転によりセンターに戻ってくるという効果があります。

バルジが強いほどこのギア効果は強くなるので、ドライバーになるほど丸みが強くなっていきます。

逆にヒール寄りに当るとスライス回転がかかりやすくなりますね。
20151209_blog_kentaro_04

難しい話はさておき、アマチュアの方の多くはこのギア効果のため、ヒール寄りにボールが当ってスライスしている方が多いです。

一度ご自身のドライバーのフェース面をチェックしてみて下さい。やはり真ん中でミートできるのがベストですね。
20151209_blog_kentaro_05

ですが、完全にヒールにしか当っていない人はアドレスのときに思い切ってトウ寄りにボールをセットすることもスライス予防には有効ですよ!クラブのことを理解することもミスを防げることになるんですね!

この記事を書いたのは

原田 健太郎

原田 健太郎

暖かい日が増えてゴルフシーズンが楽しみですね!
これからどんどん練習のペースを上げて、パフォーマンスを上げていきましょう!
そんなみなさんにオススメのキャンプのご案内です(^-^)

6/8〜9
ディスカバリーキャンプ@朝霧CC
富士の麓でベースアップ

7/13〜15
強化合宿@トライフィールド
ステディゴルファー育成キャンプ

8/16〜18
強化合宿@マオイゴルフリゾート
北の難コースでショット力強化

もちろん普段のレッスンでもお待ちしています(^-^)

週間アクセスランキング

  1. なぜハンドファーストでインパクトできないのか?? 1,287ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 959ビュー
  3. アドレス姿勢を綺麗にするためのワンポイント 892ビュー
  4. 新ルール「ドロップしたボールが止まった場所&救済を受ける際のボールの変更について」 441ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 416ビュー
  6. 正しい腰の回し方 319ビュー
  7. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 208ビュー
  8. 「スピン量について」 203ビュー
  9. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 189ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 179ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る