トラブルショット ~木の根元にあるボール~

2016年1月24日 |

こんにちは!牧野佑司です!

今回はゴルフにつきもののトラブルショットについてお話します。
まずこちらの写真をご覧ください。
DSC_0059
ボールは木の根元・・・スタンスが取れるか微妙な感じです。この位置からグリーンに向かって打つとなると無理のある構えになりますね。
DSC_0060
ここでは泣く泣くいったんフェアウェイに出す方が得策といえるでしょう。
その場合はクラブを右手一本で持ちクラブフェースを体の正面とは反対方向に向けて打ちます。
DSC_0061
DSC_0062
DSC_0063
写真では少しわかりにくいですが、この時のポイントは右手とクラブが一本になるように振ることです。特にグリップエンドは腕からあまり離れないようにすると、空振りなどのミスは防げますよ!

レッスンではコースの中でこのようなトラブルショットもリクエストできます。もしもの時のためにしっかり備えておきましょう!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!
ゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
ゴルフってうまくいかないと苦しい時がありますよね。そんな苦しい時間を少しでも短くなるように。そしてゴルフが楽しい時間が増えるようなレッスンを心がけております。
もちろん土台からスイングを作ったりすることも大切と思います。
1番大切なのは皆さんそれぞれ決められた目標、希望されたものを実現できるように導くことであると考えてます。
コースレッスンの強みを活かしたコースでしかできない傾斜地やアプローチ、バンカー、パターなどだけでも皆さんの力になるようなレッスンをしています。
すべてはゴルフを好きになってもらえるように。ゴルフを楽しんでもらえるように。
皆様のレッスンのご参加心よりお待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 268ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 258ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 247ビュー
  4. 2023年新ルール知ってますか? 193ビュー
  5. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 174ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 169ビュー
  7. キャディバックの持ち方 167ビュー
  8. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 153ビュー
  9. シャフトクロスになる原因は右肘! 151ビュー
  10. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 122ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る