救済時のドロップの仕方

2016年5月7日 |

こんにちは、toshiyukiです!
皆さん、春ゴルフ楽しんでますか?
ラウンド中にカート道や排水溝などにボールが止まってしまうことってありますよね。
この時の救済の措置については以前webレッスン(ルール「排水溝やカート道にボールが止まってしまったら」)でもお話しましたがドロップの仕方にも決まりがあるのをご存知ですか?

今回はそのドロップの仕方についてお話します。
まずは救済の措置について簡単におさらいしておきますね。
下の写真のようにカート道にボールが止まっている場合ですが
20160507_blog_toshiyuki1
まずは止まっているボールから最も近い箇所でホールに近づかずカート道に足がかからずにスイングできる位置を探します。(=救済のニヤレストポイント)
20160507_blog_toshiyuki2
20160507_blog_toshiyuki3
そしてニヤレストポイントから1クラブレングス以内(一番長いドライバーでも大丈夫ですよ!^_−☆)でホールに近づかない場所にドロップします。
20160507_blog_toshiyuki4
ドロップした球が下記の場合は再ドロップします。
ドロップした球が人やプレーヤーの携行品に触れた場合(※1)
またカート道に止まった場合
ニヤレストポイントよりもホールに近づいた場合
2クラブレングス以上転がった場合
再ドロップしても同様の場合は再ドロップした箇所にできるだけ近い所にボールを置いてプレーします。(※1.この場合は回数の制限はありません)

さてここからが今回のメインテーマですが、正しいドロップの仕方について説明します。
下の写真のように真っ直ぐに立ち、腕を伸ばした状態で肩の高さからドロップします。
20160507_blog_toshiyuki5
この方法以外でドロップした場合は、無罰で再ドロップしなければいけません。
以下に例を上げてみます。
・肩より低い位置からドロップ
20160507_blog_toshiyuki6
・座ったままドロップ
20160507_blog_toshiyuki7
・ボールを放り投げる
20160507_blog_toshiyuki8
正しいルールを知っておくと、競技やコンペに参加した時も迷わずにプレーできますね!
またルールやマナーについて疑問や質問があったらいつでも聞いてくださいね。

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

新緑が眩しい季節、ゴルフを楽しんでいますか?
ラフも徐々に伸びてきて傾斜地にボールが止まることも増えてきますね!
そんな傾斜地やラフからのショットを実際のコースを使って思う存分練習できるトライフィールドで今年も強化合宿を開催してします!
ゴルファーにとって最高の練習環境をぜひ一度体験してみてください!

週間アクセスランキング

  1. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 1,412ビュー
  2. Flight Scopeってなに? 367ビュー
  3. 打ち終わった後のフェースの向きに注目! 303ビュー
  4. Taylormade M4 Driver(テーラーメイドM4ドライバー) 287ビュー
  5. ドライバーでの下半身の使い方〜左膝編〜 253ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 214ビュー
  7. アカデミア「技術練習の様子について」 174ビュー
  8. AwとSwの使い分け 171ビュー
  9. ピッチショットは肩の回転が大切! 170ビュー
  10. A Swingについて語りたい! 150ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る