脱!すくい打ちドリル

2016年12月6日 |

こんにちは takuroです(^^)
すくい打ちの方必見‼︎
今回は練習場でできるドリルをご紹介します。

下の写真のようにマットの下にボールを一球挟んでください。
20161206_blog_takuro1
そして、ボールを膨らんだマットの左側にセットして打ってください。
20161206_blog_takuro2
この練習ではすくい打ちをすると手前のボールが入っているマットに当たってしまいます。
20161206_blog_takuro3
マットの手前側に当たらないように練習をすると、自然とクラブ軌道が上から入ってきてインパクトしていけるのでナイスショットを打つことができます!(^^)
20161206_blog_takuro4
これからの季節すくい打ちでインパクトしようとすると、芝が薄くなってきているのでクラブが滑ってくれずダフってしまいます。
この練習方法ですくい打ちを治してみてください!^_^

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

皆さん、明けましておめでとうございます!
2020年もレベルアップ目指して僕と一緒にみっちり練習していきましょう!(^^)

ゴルフ場でお待ちしています!♪

★レッスンの開催スケジュール
https://www.gen-ten.jp/schedule/?coach=takuro
★GEN-TENの原点
https://www.gen-ten.jp/archive/takuro/

週間アクセスランキング

  1. トップオブスイングからの切り返しはここを気をつける 1,430ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 671ビュー
  3. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 524ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 326ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 319ビュー
  6. 正しい腰の回し方 282ビュー
  7. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 261ビュー
  8. AwとSwの使い分け 188ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 184ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 184ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る