ラウンド中にスライスが出てしまった時の修正ポイント3つ ~2/3クラブヘッドポジション編~

2017年1月31日 |

みなさんこんにちは!カズヤです^ ^
今回はスライスに悩む方の為に『スライス修正の為の3つのポイント』のなかの、アドレスのクラブヘッドポジションについてお伝えしていきます。

今回はセットアップの時のヘッドポジションを変えて、振り抜きの意識を変えることで軌道を意図的に変えちゃおうという方法です^ ^

先ずは普段通りのヘッドポジションから


10〜15cm後方にクラブヘッドをセットします。


後はセットアップしたところにボールがあるとイメージして振り抜きましょう!
この時も前回と同じようにクラブヘッドをターゲットより1、2°開いてアドレスしてください。

曲がり幅の大きさでボールからのポジションを変えて試してみてくださいね〜^ ^

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
ゴルフは他のスポーツと違い生涯スポーツとして楽しめるとても良いスポーツだと思います。
そんなゴルフというスポーツを長く楽しんでいただくためにケガをしにくい身体作りやスイング作りをベースにアドバイスをしています。
個々の目標や課題を元にみなさんのゴルフライフをより一層楽しめるように一緒に取り組んでいきましょう♪

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 342ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 286ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 281ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 250ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 217ビュー
  6. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 155ビュー
  7. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 148ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 145ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 138ビュー
  10. キャディバックの持ち方 134ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る