グリーン周りからのアプローチの考え方 ~チップショット編~

2017年2月8日 |

みなさんこんにちは!カズヤです^ ^
グリーン周りからのアプローチの考え方の中でもチップショットについてお話ししていきます。

チップショットはラン(転がし)を多く使うアプローチで主にPWなどロフトが少し立っているクラブを使います。

また、ピン位置や傾斜によって落とし所が変わるので、番手選びや距離感はある程度自分で把握しておくことが大切です。

今回はグリーンのカラーまでの距離はほとんど変わらない場所でピン位置だけが違うというシチュエーションの時の考え方です^ ^
そして振り幅や落とし所も同じとします。

ピン位置が近い場合
使用クラブSWorAW

ピン位置が遠い場合
使用クラブPWor9I


このようにグリーンのカラーまでの距離が近い場合は、カラーからの落とし所を一定にして番手を変えてランを使って寄せるようにすることで、大きくショートしてしまったりグリーンオーバーしてしまうことを減らすことが出来ると思います^ ^
皆さんも自分の距離をしっかり把握してミスの幅が少ない選択をしてみてくださいね^ ^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,580ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 246ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 158ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー
  5. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 140ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 121ビュー
  7. キャディバッグの担ぎ方 103ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 102ビュー
  9. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 100ビュー
  10. AwとSwの使い分け 90ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る