左足上がりからランニングアプローチ

2017年7月5日 |

皆さんこんにちは~カズヤです^ ^
今回はグリーン周りからのアプローチで、左足上がりからのランニングアプローチについてお伝えしていきます。

先ずはアドレスから
『重心位置』
斜面に逆らって左足に重心をおきます。
その時右膝を左膝に寄せておくと下半身が安定しやすいですね^ ^

『ボール位置』
低く打ち出し転がしていきたいのでスタンスのセンターより右におきます。

『スイング』
基本的にはコックはあまり使わないで、上体の回転と腕を同調させて振り幅で距離をコントロールしていきます。


【ポイント】
1.重心位置は左足
2.ボール位置はスタンスのセンターの右側
3.上体と腕を同調させて上体の回転でスイング

以上のことを気をつけて、後はコースで距離感を養ってみてくださいね^ ^
ゲンテンのレッスンでは定期的にショートゲーム系のレッスンを開催しているので是非ご参加してみてくださいね^ ^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 212ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 176ビュー
  3. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 175ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 171ビュー
  5. 正しい腰の回し方 137ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 123ビュー
  7. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 111ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 108ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 108ビュー
  10. スコアアップのヒント!〜スタート前のパッティング練習〜 101ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る