左足上がりからのアプローチ

2017年4月1日 |

こんにちは〜、雪田です(^^)
コースの芝も芽吹き始め、新緑の香りが感じられるようになってきましたね。鮮やかな緑色は目も気持ちも楽しませてくれます。
ぜひ、ゴルフコースへ足を運びましょう!

今回はアプローチの打ち方をご紹介します。

日本には丘陵コースがたくさんありますね。丘陵コースではアップダウンが大きいのが特徴です。そのように高低差があるレイアウトでは砲台グリーン(グリーン面がボールを打つ場所よりも高くなっている)が多いです。
砲台グリーンの手前から打つアプローチは、ほとんど左足上がり(右打ちの場合)になっていますね。

このような斜面からは2つの打ち方があります。

1)斜面なりにアドレスして打つ
2)斜面に逆らいアドレスして打つ

今回は1)の打ち方についてお話しますね。
まずスタンス(足の幅)は広め、膝の高さを斜面なりに、

肩の高さも斜面なりにします。

自然に右足荷重になりますね。

ターゲットライン(ボールを飛ばしたい方向)にショルダーライン(肩の方向)を平行にしてセットアップ

オープンスタンスにしないのがポイントです。

そのままグリップして、ボールは真ん中においてアドレス完了

テークバック

肩と胸も回転させましょう!

インパクト

クラブヘッドの重さを感じて!

フォロースルー

ヘッドはターゲット方向に高く上がっていくイメージです!

クラブのロフト(フェイスの傾き)が開くので、自然にボールは上がりやすくなりますよ。ピンがグリーンの手前にあるときなど、ボールを上げて止めたいときにこの打ち方は有効です。
是非、試してみてくださいね。

お読みいただきありがとうございました(^_-)-☆

動画でのレッスンもご覧ください(^-^)
[youtube=https://youtu.be/B3J8CLWsUt8&w=640]

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちはYukiです^ ^
めっきりと涼しくなってきましたね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

食欲の秋! スポーツの秋!! です!です!

ぜひ、秋ウェアに衣替えしてベストシーズンのゴルフコースを訪問してみてください。
私もみなさんにワクワクするような発見や体験、感動の瞬間を味わっていただけるよう、しっかりとサポートします(^^)

あっと言う間に今年も残すところわずかになりましたね。
ゴルフでやり残したことはないでしょうか?
私はいつでもレッスンでご相談にのりたいと思っています。
たくさんのイベントもご用意していますので、お気軽にご参加ください!!

・ヒントレッスン
11月は傾斜スペシャル!苦手を克服してステップアップしませんか。
https://www.gen-ten.jp/event/22157

・私も楽しみにしている冬のタイ合宿が決定しました。
冬は寒い日本を抜け出してゴルフパラダイスのリゾートコースで優雅に過ごしませんか。
1月11日(土)〜13日(祝)atレイクビューゴルフクラブ
https://www.gen-ten.jp/event/22010

2月14日(金)〜16日(日)atロイヤルバンパインゴルフクラブ他
https://www.gen-ten.jp/event/22010

・国内キャンプ&強化合宿
南国宮崎のオーシャンリゾートコースでリフレッシュしませんか。
11月29日(金)〜12月1日at青島ゴルフ倶楽部
https://www.gen-ten.jp/event/22010

12月21日(土)〜22日(日)at浜島カンツリー倶楽部
温暖な伊勢志摩で一年の振り返りをしませんか。
https://www.gen-ten.jp/event/22011

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上達のヒント!〜傾斜で変わるボールの行方(ゆくえ)〜 640ビュー
  2. スコアアップのヒント!〜ラフでのボールの状況に合わせたクラブ選択!!〜 573ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜パッティングストロークを安定させるコツ!〜 557ビュー
  4. ゴルフ上達のヒント!〜クラブヘッドの最下点意識でトラブル脱出!〜 546ビュー
  5. グリーンとカラーの境からの打ち方 458ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 215ビュー
  7. GEN-TEN 強化合宿 in タイの魅力 Vol.1(タイの場所、気候、ゴルフの魅力編) 201ビュー
  8. ゴルフを始める時に必要な道具とは? 198ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 192ビュー
  10. ドライバーを極める!ヒントレッスン(日下部直太) 175ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る