左足上がりからのアプローチ

2017年4月1日 |

こんにちは〜、雪田です(^^)
コースの芝も芽吹き始め、新緑の香りが感じられるようになってきましたね。鮮やかな緑色は目も気持ちも楽しませてくれます。
ぜひ、ゴルフコースへ足を運びましょう!

今回はアプローチの打ち方をご紹介します。

日本には丘陵コースがたくさんありますね。丘陵コースではアップダウンが大きいのが特徴です。そのように高低差があるレイアウトでは砲台グリーン(グリーン面がボールを打つ場所よりも高くなっている)が多いです。
砲台グリーンの手前から打つアプローチは、ほとんど左足上がり(右打ちの場合)になっていますね。

このような斜面からは2つの打ち方があります。

1)斜面なりにアドレスして打つ
2)斜面に逆らいアドレスして打つ

今回は1)の打ち方についてお話しますね。
まずスタンス(足の幅)は広め、膝の高さを斜面なりに、

肩の高さも斜面なりにします。

自然に右足荷重になりますね。

ターゲットライン(ボールを飛ばしたい方向)にショルダーライン(肩の方向)を平行にしてセットアップ

オープンスタンスにしないのがポイントです。

そのままグリップして、ボールは真ん中においてアドレス完了

テークバック

肩と胸も回転させましょう!

インパクト

クラブヘッドの重さを感じて!

フォロースルー

ヘッドはターゲット方向に高く上がっていくイメージです!

クラブのロフト(フェイスの傾き)が開くので、自然にボールは上がりやすくなりますよ。ピンがグリーンの手前にあるときなど、ボールを上げて止めたいときにこの打ち方は有効です。
是非、試してみてくださいね。

お読みいただきありがとうございました(^_-)-☆

動画でのレッスンもご覧ください(^-^)
[youtube=https://youtu.be/B3J8CLWsUt8&w=640]

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
夏日も増えてきましたね!
みなさんは、生活環境の変化を強いられてストレスも溜まっていることかもしれません。コロナ対策をしてゴルフコースでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
一面ぜ〜んぶがキレイな緑色の芝に敷き詰められたコースはとっても心地よいですよ。
さらにオンコースで楽しくスキルアップできたらサイコーですね(^^)

大好きな夏に向かってテンションが上がってきた私も、みなさんのゴルフライフをしっかりとサポートします!

暑い夏は涼しいコースでのキャンプもご用意しました。爽快な高原で集中してゴルフに取り組んでみてはいかがでしょうか。
初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。

☆ディスカバリーキャンプのお知らせ☆
6月27(土)-28(日)日
@朝霧カントリークラブ

7月25(土)-26日(日)
@鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部

8月8(土)-9(日)
@夏泊ゴルフリンクス

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ ロブショットについて 1,220ビュー
  2. ゴルフスイングの基本のキホン 1,038ビュー
  3. 右肘はタメずにリリース! 850ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 693ビュー
  5. 打点位置は意識してますか? 625ビュー
  6. パッティングの基本(上達の為のドリル) 615ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 433ビュー
  8. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 422ビュー
  9. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 227ビュー
  10. 逆オーバーラッピンググリップでの転がしのアプローチ 223ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る