急な左足上がりのアプローチ

2017年8月25日 |

こんにちは takuroです(^ ^)
暑い日が続いていますがゴルフを楽しんでいますか??
熱中症には気をつけてくださいね!^ – ^
今回は急な左足上がりのアプローチショットの打ち方をご紹介します!

下の写真のような急な左足上がりのアプローチでは、アドレスや打ち方でとても悩んでしまうと思います。

足を揃えて傾斜に逆らってアドレスすると

傾斜が急なため下の写真のようにボールが上がらずミスショットになりやすいです。

傾斜に対して垂直にアドレスすると

下の写真のようにスイング中バランスを崩してしまいやすくなります。

バランスを崩さずにうまくアプローチしていくためには、下の写真のように足を肩幅より大きく開いてスイングします。

傾斜にぶつけてフォロースルーが出なくなってしまうと、ボールが上がらなくなってしまうので下の写真のように左ひじを引いてフォローを出していけると、ボールの高さを出してボールを前に飛ばすことができます!!

写真のような難しい場所からでも寄せワンをとっていけるようにぜひ試してみてください!(^ ^)

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

明けましておめでとうございます!
今年も1年よろしくお願い致します(^^)
2019年も皆さんのゴルフがスキルアップしていけるようにサポートしていきたいと思います(^^)
今年も一緒にゴルフを楽しんでいきましょう‼︎♪(^O^)

週間アクセスランキング

  1. スイング中のフェースの向き 531ビュー
  2. こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」 454ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 424ビュー
  4. ダウンスイング時の右膝のポジション 308ビュー
  5. 正しい腰の回し方 244ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 221ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 185ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 150ビュー
  9. 3/23GMM@カレドニアン・ゴルフクラブ攻略! 147ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る