ショートパットの方向性を良くする方法

2017年8月26日 |

こんにちは!カズヤです^ ^
今回はショートパットの方向性を良くする方法についてお話ししていきます。

ピンを狙ったショットやアプローチで上手くピンに絡めることが出来て残り1mのパット!
絶対に入れたいですよね^ ^

そんな時にちょっとしたことに気をつけることで、自分の決めた目標方向に打ち出しやすく出来るようになります。

【目標方向に打ち出す手順】
先ずはボールの後ろから打ち出す方向を決めて、目標とボールを結んだ線上のボールの20~30cm先のところに目印を見つけます。

そしてその目印に対してフェイス面の向きを合わせて、目印の上をボールが通過するようにボールを転がしてあげるだけです^ ^

もちろん転がす速さも大事なので、どのくらいでストロークするかはしっかりイメージしておきます。
以上のことに気をつけることで打ち出す方向がかなり良くなっていくと思います^ ^

日頃から打ち出す方向の確認をしながらパッティング練習をすることで、自分の打ち出したい方向にボールを転がせられるようになっていくので意識しながら取り組んでみてくださいね^ ^

ショートパットをしっかり決めてスコアアップを目指していきましょう^o^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 199ビュー
  2. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 189ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 184ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 167ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 148ビュー
  6. AwとSwの使い分け 130ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 123ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 121ビュー
  9. 正しい腰の回し方 119ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 高坂カントリークラブ (源河卓朗) 105ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る