こんな時どうする?『左上がり傾斜からのショット』

2017年5月8日 |

みなさん、こんにちはko-seiです。
コースは新緑がとても綺麗で気持ちいいですね!
半袖でプレーできる日も増えてきて、日焼けが気になる方も多いと思いますが私は嬉しいです。

今回のこんな時どうする?は『左上がり傾斜からのショット』についてです。

砲台グリーンの多いコースや山岳コースでは、セカンドショットで左上がり傾斜に直面することがあります。
いつもではなく、たまに直面することが左上がりだけでなく各傾斜の難しいところですね(^^;)

ポイントをいくつか纏めてみました。
1、傾斜なりに立つ。

※私的には傾斜からでも可能な限りグリーンを狙いたいので、パフォーマンスを上げるために傾斜なりに立つことを心がけます。

2、まず振ってみる。


※いつも通り体重移動してもバランスを崩さないか?確認しましょう。

3、次は最下点を探る

※入念に素振りをし、最下点を探っていきます。

4、最下点がいつもより左になった場合はフェースを開く

※ボールの引っ掛かりを防ぐため。

5、クラブを1~3番手上げる
【左上がり、飛距離が落ちる3つの要素】
・傾斜なりに立つのでボールが上がり飛距離が落ちる。
・引っ掛かりを防ぐためフェースを開くため飛距離が落ちる。
・十分な体重移動ができないので飛距離が落ちる。

6、現地に早く行く。

※いろいろと確認すること判断することが多いので、クラブを持って安全を確保し早めにボールのところに行きましょう!

最初に言ったように、たまに現れる傾斜はいつもタイプが違い全てに慣れることは難しいですね。
傾斜の特徴を知ること、ボールのところに早く行って調査することが大事です。

ゆっくりボールまで行って、ミスショットをするよりは、ボールまではちょっと急いで、ナイスショットを打ちましょう!
引き続き最高のゴルフシーズンを楽しんで下さい(^^)/

傾斜対策には下記メニューがオススメ
6/10(土)傾斜スペシャル@大多喜城ゴルフ倶楽部(佐々木康生)
6/18(日)傾斜スペシャル@ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(寺西大)

7/15~17強化合宿@トライフィールド(井上範大&源河卓朗)
8/11~13強化合宿@トライフィールド(佐々木康生&寺嶋慶介)

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。

今年は暖冬で暖かい日も多く、いっぱいゴルフが楽しめますね。

とは言え身体の硬くなりやすい冬です。十分にストレッチして練習&ラウンドをして下さい。

3月には南国・宮古島で一足先に春を満喫するCAMPを開催します。冬眠明けに最適です!みなさんの参加をお待ちしております。
強化合宿 at エメラルドコーストゴルフリンクス(沖縄)

週間アクセスランキング

  1. トップオブスイングからの切り返しはここを気をつける 1,792ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 677ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 366ビュー
  4. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 336ビュー
  5. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 331ビュー
  6. 正しい腰の回し方 327ビュー
  7. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 281ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 190ビュー
  9. AwとSwの使い分け 190ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 182ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る