股関節と両肩のポジションの相関関係

2017年6月7日 |

ゴルフのスイング解説では、股関節を入れる、股関節に体重を乗せるというフレーズがよく聞かれます。
股関節とは、大腿骨(太ももの骨)と骨盤を結ぶ関節のことです。片足で立ってもう片方の足をぐるぐる回してみると、お尻の奥でぐるぐるとこすれる「骨のつけ根」を感じることができると思います。意外と体の深い所にありますよね。

この股関節にぐっと体重を乗せることができれば、体の軸は保たれてよりパワフルなショットが生み出されます。
上体をひねる時に正しく両肩のポジションを作れれば、自然に股関節を使えるようになりますよ。ここにドリルをご紹介。

まずは胸の前に両手をクロスさせて、前傾姿勢を作ります。


スイングの中心である喉仏を動かさないように注意して、左の肩を右膝の上に乗せるように上体をひねります。左手を伸ばしたら、(正面から見て)左斜め下を指すように。

ダウンスイングからフォローへは、左肩のポジションと右肩のポジションを入れ替えるようにしてボディターン。

右肩が左足のつま先に乗るようなイメージで上体をひねります。右手を伸ばしたら、右斜め下を指差すように。

両膝が流れないように常に正面を向いていることにも注意して下さいね。
左右太ももの付け根に折り紙の谷線があって、その谷線に向かって上体をひねり折る、というイメージでもいいです。こんな感じです。

是非試してみてくださいね☆

この記事を書いたのは

野村 祥子

野村 祥子

こんにちは、サチコです。

今年はまだ日本におります。蒸し暑くなってくるとマスクが息苦しいですが、ガマンガマンですね。

今月も名古屋グリーンCCでレッスンを開催します。

5/18(日)ゲンテン

5/24(日)ヒント「ペルツ式アプローチショット!」

皆様のご参加をお待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ ロブショットについて 1,261ビュー
  2. ゴルフスイングの基本のキホン 1,053ビュー
  3. 右肘はタメずにリリース! 850ビュー
  4. 打点位置は意識してますか? 632ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 616ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 406ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 393ビュー
  8. パッティングの基本(上達の為のドリル) 378ビュー
  9. 逆オーバーラッピンググリップでの転がしのアプローチ 224ビュー
  10. なぜコーチによって言ってる事が違うんだろう…? 208ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る