転がすアプローチはなぜ簡単と言われるのか?

2017年8月3日 |

こんにちは!

最近飛距離が伸びてきたなあと思っていましたが、試合に出場したら出場選手のみんな飛距離が伸びていました。
クラブの進化によって飛距離が伸びていたと気づいた牧野佑司です。

今回のウェブレッスンは「転がすアプローチはなぜ簡単なのか?」についてお話をさせていただきます。
アプローチの時に「上げるのは難しいから転がしたほうがいいよ。」と、言われた時はありますか?なぜ転がしの方が楽なのでしょうか?

今回は58度のウェッジ

8番アイアンで同じ距離を打っていこうと思います。

こちらの画像をご覧ください。
こちらは8番アイアンで振るときのバックスイングの大きさです。

こちらは58度のウエッジで振るときのバックスイングの大きさです。

バックスイングの大きさの違いは一目瞭然ですね。同じ距離を打つときには、58度のウエッジで打つよりも8番アイアンで打つときの方がバックスイングは小さくて済むわけです。
理由はロフト角が立っていることによって、ロフトが寝ているクラブよりもボールが前に飛ぶ上によく転がります。対して58度のウエッジを使った場合は、8番アイアンよりもボールは上に上がることによって前に飛びません。上がることによってボールは止まるので転がりにくくなるので、8番アイアンに比べて大きなスイングをしなくていけないということになりますね。

大きいスイングと小さいスイングではどちらがミートしやすいか?と言うところを考えると8番アイアンで転がした方が簡単と言うことになります。
当たり前の事かもしれません。しかし知っている方も改めて確認していただければと思います。

もちろん高く上げていくショットと転がすショットを状況により打ち分けなくてはいけないです。上げていくショットの方がバンカー越えや砲台グリーンなど対応できる場面はたくさんあります。転がすショットはグリーンが長くなければいけないなどいろいろ限られてくるところが出てくると思います。
あくまでアプローチの目的はピンをボールに寄せることです。ご自身の武器をしっかり見極めてスコアメイクをしてみてください。アプローチショットの経験値は是非ゲンテンコースレッスンで!

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

最高のシーズンになりました。皆様はゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
レッスンも最高のシーズンになって楽しいです。
僕の担当します関西地区では新人の松村コーチや中村コーチも加わってパワーアップします。
僕は今までよりも攻めた内容のヒントレッスンなども開催を予定しております。ビギナーの方へ向けたレッスンから上級者の皆さまのヒントレッスンまで充実したレッスンをご用意しております!どうかご期待ください!!
最高のシーズンに皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 1,894ビュー
  2. ターゲットにまっすぐ構えるために! 792ビュー
  3. ナイスショットを生み出すフォロースルー 594ビュー
  4. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 504ビュー
  5. 中途半端な距離のアプローチ 470ビュー
  6. バンカー内の傾斜 431ビュー
  7. 正しい腰の回し方 395ビュー
  8. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 372ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 298ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 284ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る