近畿地区新規提携コース【千刈カンツリー倶楽部】

2017年9月22日 |

こんにちは!牧野佑司です。
今回は近畿地区の新規コースの千刈カンツリー倶楽部さんについてレポートします。

千刈カンツリー倶楽部は三田市にある関西学院大学が経営母体のゴルフ場です。
三田駅からクラブバスも定期運行しており、車を持たない方でもお気軽にお越しいただくことが可能です。


先日大矢ディレクターが開催の案内を出していましたが、今回は担当します牧野が施設やコースの特徴などをレポートいたします。

打球練習場です。広々としています。


こちらがアプローチ練習場です。縦長で30ヤード前後の練習も可能です。


バンカー練習も可能です。少し顎が高いですが、これさえ越えられればどのバンカーでも大丈夫ですね!!

こちらがパター練習場です。綺麗に整備されていました。

そしてコースに出ていきました。


有馬富士も見ることができますね。

このコースの特徴は林でセパレートされた美しい林間コースです。距離はあまりある方ではありませんが、方向性を重視される戦略的なコースですね。

私牧野が1番の特徴だと思うのはこのラフです。ティフトン芝ですね。この芝生からのアプローチは難易度が高いです。
ボールの下をくぐってしまい距離がでなかったり、ボールの高さに合わせてアプローチしようとするとトップをしてしまったりと、私牧野もとても苦労してしまいました。
この芝生はみなさまと一緒に克服していきましょう!


千刈カンツリー倶楽部さんではゲンテンとハーフラウンドを中心に開催させていただきます。
担当は牧野佑司が9月23日を初開催に、10月中旬から本格的に開催をさせていただきます。

ここでしかできない芝生で林間コースで、ゴルフを思い切り楽しんで上達しませんか?
どうかよろしくお願いいたします。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

みなさま。こんにちは。スマホの文字入力を両手で入力できるように練習している牧野佑司です。

今年もあと3ヶ月を切りました(はやすぎる)
そしてベタですがいい季節になりました。
これからの牧野のレッスンではスイングする方向を正すことをテーマに行ってます。
そのための伝え方も慎重に説明させていただいております。
お互いが納得できるように動画解析も駆使するようになりました。コースと練習場の違いも見えてくるようになりました。楽しいです!
11月9日からの信楽カントリークラブのキャンプではじーっくり解析します!!
https://www.gen-ten.jp/event/21931

Twitter
Twitterアカウント

Instagram
yuji61jr

facebook
https://www.facebook.com/yuji.makino.10

たまにブログ(汗汗)
でレッスンの様子や考え方なども発信しております。(特にTwitter)
また新たなコーチだと思ってご参加いただけるとうれしいです。

みなさまのレッスンのご参加楽しみにしております!!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上達のヒント!〜ハンドファースト体感ドリル〜 1,877ビュー
  2. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 300ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 264ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 233ビュー
  5. ゴルフ上達のヒント!〜スイング中の腰の回転をよりスムーズに!〜 210ビュー
  6. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 199ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 181ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 174ビュー
  9. チーピン&プッシュアウトでお悩みの方へ!Vol.3 149ビュー
  10. 前傾キープにも効果的!切り返しでの腰の回し方とは?! 148ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る