50ydsをダフらない為にはバウンスが命!

2017年10月18日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
今回は50ydsショットでダフらない為のポイントをお伝えしたいと思います。

ピンが近ければ近いほど難しいと言いますが、50yds以内であれば気持ちよくオンしていきたいですよね(^^)
50ydsでのミスの原因はダフりによるショートが多いと思います。

花道でダフリのミスが多いように、スイングスピードが遅くなればなるほど、芝の抵抗を多く受けてしまいます。

ダフらない様に打つためには「バウンス」がポイントになってきます。

チェックしやすい方法として、ハーフウェイバックでフェースの開きをチェックしてみて下さい。

このポジションで上記の写真よりもフェース面が地面を向きすぎている場合は、インパクトでリーディングエッジから入りやすくなり、芝に刺さりやすくなります。

フェースを少しオープン気味にする事により、バウンスをより使う事が出来ます。
ハーフウェイバックでフェースを少し開きぎみにした後は、ボールを包むように打っていきます。


フォロースルーの時に、フェース面がこの様になるようにしていきましょう。

この打ち方が出来る様になると、薄くターフを取る事が出来ます。そうする事により、ボールにパワーも伝えやすくなり、ダフりも防ぐことが出来ます。

この方法で50ydsを気持ちよく乗せていきましょう!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

ウィンターシーズンスタートしましたが皆様楽しんでいますか?(^^)

私は、突如腰をやってしまい、ストレッチで今回復させているところです。笑

昨年からオンラインとコースレッスンを組み合わせたハイブリッドレッスンをスタートしました。

コース内で学んだ事を次のレッスンまでの間に練習されると思いますが、練習内容が合っているのか?

アドバイスを正しく受け取っているのか?などなどコーチに直接聞けるレッスンとなっています。

ご興味がある方はお知らせして頂けると嬉しいです。

◉ゴルフラジオも水曜日にアップしております!

是非聴いてくださいね。

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!水 19:00配信しています!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!

Podcast(Iphone&MAC)

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
コースレッスン専門コーチ なおと チャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします!
Naoto Golf Coach Facebook & Instagram

★GEN-TENコーチ研修において、先日受講したシンガポールコーチによるゴルフコーチングセミナーの内容や考え方などを発表しました★

アプローチ・体の考え方、そしてなぜ受講し学びにいくのか?について私自身の経験や考え方をシェアーして、より皆さまに充実したレッスンを提供できたらなと思っております。

ゴルフシーズンに向けて沢山のチャレンジを一緒に行っていきましょう!

皆様のご参加をお待ちしております!(^^)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 341ビュー
  2. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 287ビュー
  3. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 270ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 200ビュー
  5. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 164ビュー
  6. 2023年新ルール知ってますか? 148ビュー
  7. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 144ビュー
  8. キャディバックの持ち方 137ビュー
  9. シャフトクロスになる原因は右肘! 108ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 106ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る