ピッチショットでダフリやトップを抑えるには!part2

2017年11月19日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
前回のアプローチでのダフリやトップを抑える方法!part1に続いて、
今回はピッチショットについてお伝えしたいと思います。

チップショットと違い、ピッチショットはピンまでの距離がある場合に使うアプローチとなります。
バンカーや池などを越える為に必要となります。

ピッチショットを多用する場面で一番気になるのが、ダフリやトップをしないかな・・?という不安だと思います。

ダフリなどのミスを抑える為の技術的要素などは沢山ありますが、基本が重要となります。
基本となる部分ですが、アドレス時の手の位置インパクト後のフォロースルーの形がポイントとなります。

以下の様にアドレス時にボールを上げる意識が強すぎると、手の位置がおへそよりも右側に構えてしまいます。

すくい上げるイメージになってしまい、結果ダフリ・トップを招いてしまいます。

クラブヘッドのロフト(SW or AW)がボールをしっかり上げてくれるので、アドレスでは下記の様に少しハンドファースト気味にセットしてみましょう。
ボールを上からしっかりとらえる事が出来るので、ミスを防ぐことが出来ます。

次にフォロースルーですが、下記の様にダフリを嫌がり手が先行してフィニッシュを迎えてしまうと、シャンクなどの原因にもなってしまいます。

また、ボールも低く打ち出されやすくなる為、高さが出にくくなってしまいます。

クラブのロフトなりに打つ事がポイントとなるので、フォロースルーでは下記のような形にしていきましょう。

少しフェースの開閉を行う感じになります。


ボールを包み込むようなイメージを持つ事により、ロフトなりに打つ事が出来る為、ボールが上がってくれます。


以上の基本だけも覚えておくと、ラウンドでのミスはぐっと抑えられてくると思います。
これから冬のシーズンに入り、アプローチが難しくなりますが基本をしっかり覚えていき、ラウンドに備えていきましょう!

ありがとうございました。

Naoto Golf Coach FB

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

皆様
ゴルフシーズンがやってきました!
体をしっかり動かして、大自然の中でゴルフを楽しみましょう(^^)
個人YouTubeもぜひチェックして下さいね!
NaoGolf CHANNEL

☆SNSのフォローも宜しくお願いします。
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

☆ゴルフコンサルティングスタートしました!
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

☆キャンプのお知らせ☆
〇7月18日~19日
ディスカバリーキャンプ@朝霧カントリークラブ

最高の環境施設ですよ(^^)今回のキャンプはラウンドチャックをしたい方にはお勧めとなっております。

〇7月23日〜25日
強化合宿@烏山城カントリークラブ

〇 8月10日〜12日
強化合宿@サニーカントリークラブ

〇 8月15日〜16日
ディスカバリーキャンプ@朝霧カントリークラブ

☆2020年日下部直太アカデミア開催!
今回は切り返しからインパクトまでを徹底的に練習していきます。(次回開催 10月~12月期)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 飛距離アップするための5つの方法 606ビュー
  2. 大矢隆司 取締役及びディレクターを退任のお知らせ 506ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 502ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 363ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 357ビュー
  6. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 335ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 248ビュー
  8. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 218ビュー
  9. 左肘はスイング中、伸ばすの? 215ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 203ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る