可動域を増やす肩甲骨周りのダイナミックストレッチ!

2018年2月13日 |

こんにちは!カズヤです^ ^雪もようやく落ち着いて少しずつ寒さも和らいできましたね〜
今回は冬場のラウンド前の肩甲骨周りのダイナミックストレッチをご紹介していきます。

まずはスタートポジションから

立ち姿勢で両腕を伸ばし、親指を下へ手の平を外側にして構えます。

両腕を体に引きつけながら手の平を上に向けていきます。

【注意点】
・引きつけた時に肘と体に少し間隔が空くようにする。
・引きつけた時に肩が上がらないようにする。

肩甲骨周りはスイング中に必要な箇所の1つです。
朝のストレッチで可動域を増やして、動きやすい体にしてみてくださいね^ ^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフアプローチ〜グリーン周りからのマネジメント基本編〜 550ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 347ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 292ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 280ビュー
  5. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 197ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 182ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 152ビュー
  8. タイ ゴルフ〜強化合宿 at スプリングフィールド・ロイヤル・カントリークラブ〜 146ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 133ビュー
  10. ダウンスイング時の右膝のポジション 123ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る