ラフとフェアウェイからのナイスショットの条件

2018年4月16日 |

こんにちは norihiroです(^^)
ゴルフ場にもだいぶ緑が戻ってきて、さらにプレーも楽しめる時期になりましたね!
これからラウンドされる機会も増えると思いますので、今回は「フェアウェイ」と「ラフ」からの打ち方の違いについてレッスンしていきたいと思います。

〜ラフからの打ち方〜
まずラフはご存知の通り、地面に対してボールが浮いている状態になります。

人差し指を入れてみると…
指の第二関節が隠れるぐらいのライということが分かりますね!

そのためショートティーアップしているボールを打つようなクラブヘッドを鈍角に入れていくイメージが大切になります。
具体的には写真のように、クラブヘッドをボールの少し手前から滑らすように打っていくことが重要です(^^)

ラフで打ち込んでいる方をよく見かけることがありますが、打ち込むことは返って芝の抵抗を強くしてしまうので気をつけてください。

〜フェアウェイからの打ち方〜
一方、フェアウェイはラフとは違い、浮いていないためクラブヘッドをボールに直接コンタクトさせる必要があります。

そのため、クラブヘッドは高い位置から鋭角に入れていくことが大切になります。

打ち終わった後はラフよりもボールの先にターフが取れるぐらいフィニッシュをきちんと決めていきます!

皆さんもラフとフェアウェイからの意識や打ち方を変えて、スコアに繋がる1打にしていきましょう(^^)/

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

皆さん、暖冬のゴルフを楽しまれていますか??
一緒にゴルフを楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

〜オススメ〜
■キャンプ
春のゴルフを練習環境、コースコンディションの整った宮崎でスタートしませんか!?
「春のゴルフは南国トーナメントコースで本格スタート!」
https://www.gen-ten.jp/event/22812

◼︎アカデミア
皆さんの上達をサポートする3ヶ月集中のレッスンプログラムです(^^)
4月からアカデミアを開催予定です!
https://www.gen-ten.jp/event/20383/
よろしければ過去の記事もご覧ください。
https://www.gen-ten.jp/blog/diary/201809_54092/

◼︎体験レッスン
GEN-TENのレッスンをご検討されている方は実際のレッスンと内容の変わらない「体験レッスン」もご検討ください(^^)
https://www.gen-ten.jp/lesson/trial/

◼︎SNS
今年は個人のホームページをメインにブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE」
http://norihirogolfcoach.com/
アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. アプローチでのキャリーとランの比率について考える 1,309ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 347ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 299ビュー
  4. 「え~!こんな時どうしましょう?バンカーの淵にボールが止まったら」 269ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 224ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 221ビュー
  7. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 180ビュー
  8. ゴルフ プロのアプローチはなぜダフらないのか?vol.1 154ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 142ビュー
  10. 東海地区屈指の有名コース!東建多度カントリークラブでゴルフキャンプ!(雪田悦子) 140ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る