きれいなアドレスをつくるために知っておきたい3つのポイント

2018年12月20日 |

みなさんこんちは^^
冬のシーズンゴルフを楽しんでいますか??
私は冬のゴルフが苦手なのでついつい家にこもりがちになるですが、来シーズンに向けて打球練習は続けるようにしています^^;

練習場での練習で私が一番気をつけることはアドレス(構え)です。
良いアドレスは必然的に良い結果を導いてくれます

ということで今回はアドレスについてのWebレッスンをご紹介します。ゴルフではアドレス(構え)でその人の腕前がなんとなく分かると思いますが、上級者のアドレスに共通する部分とはどんなところでしょうか?

私は3点をレッスンでお伝えするようにしています。
1点目は背中とお尻の角度差です。

2点目は太ももとスネの角度です(膝の角度)。

3点目は土踏まずあたりにウェートがあることです。

これら3点を守らないアドレスをしてみます。

初心者のアドレスになりましたね…。これでスイングするとボールの上をスイングするようになるのでチョロやトップがでるようになります。コース内ではそのミスが顕著に現れますので十分に注意しないといけません。また頭が前方に下がるので猫背になることからバックスイングをうまくとることができなくなります。

①背中とお尻の角度、②太ももとスネの角度、③土踏まずのウェート、この3点を意識してアドレスをつくることをお勧めします。これを守るだけでアドレスはシングル級!?になりますよ。良いアドレスは良い結果をもたらします。

見た目は綺麗にすることでナイスショットの成功率を高めましょう^^

〜年末最後のゴルフを楽しみましょう!!〜

・2018年12月29日(土)ハーフラウンド at ヌーヴェルゴルフ倶楽部(千葉)
・2018年12月30日(日)ハーフラウンド at ヌーヴェルゴルフ倶楽部(千葉)

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

ゴルフのセンスを身につける
センスは本来持っているものではなく磨くもの。→ゴルフに必要な感覚を磨くために

説明会&体験レッスンを担当しています。
新年度より説明会&体験レッスンの担当をすることになりました。これからゴルフを始める方やお友達、ご家族の方ともぜひ説明会&体験レッスンにいらしてください。
説明会&体験レッスンの様子

こんなコーチ研修を行なっています
3月末に行なったコーチ研修の様子です。→久しぶりに私も登壇!今後もどんどんいろんな場所でアウトプットしてスキルを高めていきたいと思います!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
https://www.instagram.com/t.keisuke222/

週間アクセスランキング

  1. 夏のラフ対策でナイスショット! 641ビュー
  2. 左足上がりのアプローチは傾斜に沿ってスイング! 620ビュー
  3. 「バックスイングにおけるハンドアクション」by norihiro 570ビュー
  4. アプローチでシャンクを止める方法は肩にあり 546ビュー
  5. ドライバーショット安定の秘訣 316ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 223ビュー
  7. 正しい腰の回し方 193ビュー
  8. 深いラフからのショット 182ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 168ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る