こんな時どうする?「ライの見極め」

2019年2月17日 |

みなさん、こんにちはko-seiです。
急に暖かくなったり、雪が降ったり、今年の冬は不安定ですね。
ゴルフは自然との戦いでもあるので、雪以外のいろいろな気候にも対応できるように準備していきましょう!

今回のこんな時どうする?はライの判断(アプローチ)です。

今の季節は特に芝が薄くなり、悪い状態になる事が多いですが、しっかりと見極めてプレーしていく事が大事ですね。

遠くからではわからなくても、近くにくるとライの違いが見えてきます。
右のボールは浮いていますが、左のボールは沈んでいますね。

右の浮いているボールであれば、上げるボールも転がすボールも両方選択できます。

左の沈んでいるボールは精度が落ちやすいので、精度を保つ為に振り幅を減らす対策をとりましょう!
その為にボールを右にセットし、転がすボールを選択していきます。
それでも不安な場合はクラブをロフトの少ないクラブに持ち替える対策も有効です。

<浮いたライ、SWで上げるボールを選択した時の振り幅>

<沈んだライ、PWで転がす選択をした時の振り幅>

難しい判断の時もあり、実戦での練習が必要になりますが、ライにも注目してプレーしてみて下さい(^^)/

ショートゲームの実戦練習を行いながら、マネジメントについても考えていくディスカバリーキャンプを開催します。
ディスカバリーキャンプ at サンコー72カントリークラブ(群馬) 佐々木 康生 & 源河 卓朗

ロングゲームからショートゲームまで実践力を磨く強化合宿を開催します。
強化合宿 at 那須国際カントリークラブ(栃木) 佐々木 康生 & 中村 敏之

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。
いよいよ熱い夏がやってきますね!
体調には配慮しながら、夏を一緒に楽しみましょう。
熱い思いのまま、涼しい高原でのCAMPも開催しますので、奮ってご参加下さい。

週間アクセスランキング

  1. 左足下がりからスコアメイク! 1,099ビュー
  2. コーチはどのようにしてゴルフが上手くなったのですか? 510ビュー
  3. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 244ビュー
  4. ゴルフ上達練習法!「パッティングの距離感」 237ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 203ビュー
  6. 正しい腰の回し方 183ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  8. 股関節周りのストレッチ Vol.2 165ビュー
  9. AwとSwの使い分け 127ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 119ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る