ゴルフ 上手くなりたい人に実践して欲しい5つのこと

2020年8月28日 |


こんにちは、Yukiです^ ^
「ゴルフ上手くなりたい!」でも「練習してるのになかなか上手くならないなぁ〜」と感じるているゴルファーも多いようです。
そんなみなさんに、確実にゴルフが上手くなるために実践することを私なりに考えてみました。
当たり前だと思っていることもありますが、参考にしてみてくださいね!

ゴルフが上手くなる人と伸び悩む人との違いとは?

ゴルフを好きになれるかどうか

やはり「好きこそモノの上手なれ!」です。ゴルフも例外なくゴルフへの情熱が高ければ高いほど上達します。

ゴルフにかける時間と経費

あるスキルを熟達するためには一万時間必要とも言われています。熟達とまではいかなくてもゴルフが上手くなるためには、ラウンド時間、ドライビングレンジでの練習時間、GEN-TENのようなコースレッスンでの時間や知識を身に着ける時間などゴルフにかける時間を出来るだけ多くとることが必要です。それには経費もかかりますね。

頭だけで考え過ぎていないか

ゴルフが上手くなるためにはボールを遠くへ真っ直ぐに飛ばすスイング技術が必要ですが、そのスキルは頭で理解していても身体が連動しなければ身につきません。ですから頭にインプットすることばかりに囚われずに身体を動かすことが大切なのです。

自分を過大評価または過小評価していないか

自分の感覚と現実には多かれ少なかれズレが生じます。出来ていると思っていても出来ていなかったり、自分が思っていたよりも身体は動いているなどなど。思い込みを捨てて的確に今の実力や状況を判断することが必要です。

自立性と行動力を持つかどうか

ゴルフは自分で考え、行動して、自分で責任をとる主体性の強いスポーツ。ラウンドの中でもこれが重要で、周囲に惑わさられることなく真摯にゴルフに取り組む姿勢や自分をコントロールする行動も大切だと思います。

ゴルフが上手くなるために実践すること

ゴルフ仲間を増やす

ゴルフ仲間、友達を増やしてゴルフをもっと好きになる。仲間がいると切磋琢磨して練習する張り合いも生まれてくるのではないでしょうか。そしていろんなコースにお出かけしてみることもゴルフへのモチベーションをアップさせてくれますね。
「上手くないから恥ずかしい」などと思って遠慮していてはなかなかラウンドの機会も少なくなってしまいます。
周りの視線は気にし過ぎずに、晴れた空や緑のグリーン、澄み切った自然の空気を感じてみるだけでもゴルフコースは心地良いハズです。
出来るだけ仲間を作りゴルフに費やす時間を増やしましょう。

自分の感覚に敏感になる

人間には五感と呼ばれる感覚があります。視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚。味はないかもしれませんがゴルフではその感覚をフルに使うことで上達出来ます。頭でっかちになるとこの五感を生かせなくなりますから気をつけてみてくださいね。
コースを観察したりスイングを観たり情報収集に必要な視覚、カップインの音やスイングするときの打球音リズムを感じる聴覚、身体を動かす身体感覚やクラブを握る触覚、コースの空気感や匂いなどの嗅覚に鋭くなりましょう。
自分が描く理想のパフォーマンスをするためにはイメージ力を活用すると良いです。このときにも五感を使うことでイメージがクリアになり、イメージが鮮明になればなるほどパフォーマンスの質は上がるのです。

自己認知力と選択眼を高める

己を知ること-自分が今どんな状況にあり上達するためには何が必要なのか?正確な自己認知はゴルフ上達のための第一歩。そして自分の長所と短所を把握出来たら自分に必要な情報を取り入れる選択眼が必要です。情報量の多い現在では難しくなってきている気がしますが、それを間違ってしまうと「練習しても上手くならない」または逆効果になってしまうこともあるようです。よくわからない方は信頼できるコーチをみつけて相談すると良いでしょう。

目標設定と実行力を磨く

ゴルフ上達に必要な具体的なスキルアップのテーマは人それぞれ違いますが、自分のテーマ課題がはっきりしたらあとはやるだけ。自分の課題に優先順位を決め、いつまでにこの課題をどんな方法または練習でクリアするなどの目標設定をする。ロードマップを作りましょう。そして課題がすぐに出来なくても諦めてはいけません、練習を振り返りフィードバックする習慣をつけて根気よく取り組みましょう。

ゴルフレッスンを受けてみる

前述の4つ、「ゴルフ仲間を増やす」、「自分の感覚に敏感になる」、「自己認知力と選択眼を高める」、「目標設定と実行力を磨く」これを一人で実践しようとするのはなかなハードルが高いのではないでしょうか。私もそうでしたが一人で練習していて壁にブチ当たると、心が折れてしまいやる気も伏せがちになることがありました。ぞれぞれの性格にもよると思いますが人間は弱いもの。仲間や人に頼っても良いと思います。

そこでオススメなのがゴルフレッスンを受けてみることです。ゴルフスクールなどでは同じようにゴルフ上手くなりたいという仲間に出会うチャンスでもあります。実践的に芝から練習出来るコースレッスンでは感覚を敏感にする機会が豊富にあり、コーチが的確にみなさんの現状のゴルフを観て、これからの目標や課題を誘導しサポートしてくれます。

ぜひ、信頼できる自分に合うプロのコーチを見つけてみてレッスンを受講しましょう。

いかがだったでしょうか?

必死にボールを打たなくても今までにない思考や意識の変化でみなさんのゴルフが変わるかもしれません。私は上達だけがゴルフの楽しみ方ではないと思ってますが、ゴルフが上手くなるまでの過程やスキルアップする達成感、自分が変化する新しい自分に出会うことの喜びは大きいのではないでしょうか。ゴルフが上手くなりたい方は実践してみてくださいね!お読みいただきありがとうございました(^^)

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
暖かい日々が増えてきましたね♪
ゴルフコースの芝もぐんぐん緑色に生え変わってきました。一面キレイなグリーン色に染まるゴルフコースが待ち遠しいですね!
そんな心地よいコースで自分の思い通りのプレーが出来たら更に気持ち良いのではないでしょうか。
私はそんなみなさんのサポートをしっかり行っていきたいです(^^)
☆ゴルフ上達したい方にブログを書いています。宜しければご覧になってみてください!
https://www.gen-ten.jp/blog/202008_104691/
https://www.gen-ten.jp/blog/202011_106856/
☆私個人のブログもやっています。
こちらもゴルフを楽しむきっかけになっていただけたら嬉しいです♪
https://yukip-golf.com
☆お知らせ☆
3月26-28日(金)~(日)
強化合宿@宮崎青島ゴルフ倶楽部
https://www.gen-ten.jp/event/25611

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 1,236ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 423ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 393ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 279ビュー
  5. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 276ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 213ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 188ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 157ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 142ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る