ボールの芯に当てるためのチェックポイント〜スイング中のフェースの向きについて〜

2022年6月7日 |

みなさんこんにちは。
ホームページに久しぶりに登場します牧野佑司です。

今回はアプローチショットの芯に当てるためのチェックポイントをお話しします。アプローチと言いましたが原理やチェックポイントはフルショットと同じであります。今回はわかりやすくアプローチのポイントを説明いたします。チェックポイントはスイング中のフェースの向きと前傾角度です。

スイング中のフェースの向き

基本的にフェースの向きは前傾角度と平行になると考えます。

腰の位置にクラブが上がった時にはフェースの向きは前傾角度と平行になるのが理想です。

フェースが地面に対して直角になるとフェースが開いている状態になります。開くとダブったり、ボールが上がりすぎたりしてうまく当たりません。

なぜなのか理由を説明します。

スイング中のフェースの向きを前傾角度と揃える理由

私牧野佑司が考える理想のゴルフスイングはフェースの開閉を手先でせずに体の回転でスイングすることです。

前傾を起こしてスイングするとわかりやすくなります。前傾起こしてシャフトの角度を180度にしてスイングをします。その場合、フェースの向きはアドレスでできた向きのままスイングしていきます。インパクトではアドレスの角度であるシャフトの角度は180度に戻ります。

このシャフトの角度の調整がスイングプレーンの調整になります。アップライトなのかフラットなのかというところですね。

少し話はずれますが、前傾角度がスイング中に動くとフェースの向きもシャフトの角度も変わってしまうのでしっかりキープしないといけませんね。

この角度が安定することによって安定したインパクトを迎えることができるのです。では現在のスイングプレーンはどうなっているのか?前傾角度は動いているのか?

その調整を普段のレッスンに加えて7月のサンコー72CCキャンプ紀伊高原GCキャンプで広々とした環境でたくさん練習をしながらチェックさせていただきます。(宣伝ですが上記のポイントは本当に大切です)

動画やドリルを駆使して理想の動きを体感しながら成功体験をたくさん得ていただきたいと考えております。皆様のご参加お待ちしております。

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

みなさんこんにちは。
ゲンテンの関西を中心に活動しております牧野佑司です。
日々ゴルフというものを研究と練習と実践を重ねております。
初心者でも簡単に芯に当てることができるような方法がないものかと思っておりますが、やはり最終的にはその人それぞれの癖や傾向が1番効果的であると感じている日々です。
それだけコーチと皆様のコミュニケーションが大切で核心部分に早く辿り着くように頑張っております(^^)
キャンプや日々のレッスンで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. コーチのディスカッション動画でみる「フワッと上げるアプローチ」 203ビュー
  2. そのユーティリティの構え方合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 174ビュー
  3. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 171ビュー
  4. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 166ビュー
  5. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 158ビュー
  6. シャフトクロスになる原因は右肘! 147ビュー
  7. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 140ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 131ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 115ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 114ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る