ヒント!「力感のコントロールからナイスショットへ!」in姉ヶ崎カントリー倶楽部(井上範大)

2016年7月14日 |

みなさんこんにちは takuroです。
先日東千葉カントリー倶楽部にて開催された、井上範大コーチのヒントレッスンにお邪魔してきました。
ヒントレッスンはテーマを絞り専門的なレッスンのメニューです。

今回は力感のコントロールからナイスショットへ!ということで、カウンセリング終了後室内での講義からレッスンをスタートしていきました。
20160714_diary_norihiro1
最初は理想の力感を体感してもらう為、クラブを胸の前で持ちヘッドで円を描くドリルをしていました。力が入っていると円を描くことができません。少し苦戦しながらも少しずつ力を抜いていき円をかける様になっていきました。
20160714_diary_norihiro2
次にトップでの力感の話をしてここでも力が入っていないか、円を描くドリルを使って範大コーチが確認していました。
20160714_diary_norihiro3
練習場に移動してアプローチとバンカーショットで先ほどやってもらった力感で打てる様に練習していきました。
みなさん力を入れずに打てていたのでとても柔らかいアプローチ、バンカーショットでした。(^^)
20160714_diary_norihiro4

20160714_diary_norihiro5

20160714_diary_norihiro6
続いてフルショットでの練習も行っていきました。フルショットになるとどうしても飛ばそうという気持ちが出てきてしまい始めは力が入っていましたが、範大コーチのアドバイスなどで最後はとても良い力感で打つことがてきていました。(^^)
20160714_diary_norihiro7

20160714_diary_norihiro8
パターでの力感の話もありました。
20160714_diary_norihiro9
午後はハーフラウンドを行い毎ショット力感に気をつけながらラウンドをしていきました。
20160714_diary_norihiro10
みなさん理想の力感に近づいてきて今までより飛んでいて、アプローチショットもうまく寄せることができていました。^o^
20160714_diary_norihiro11

20160714_diary_norihiro12

どうしても飛ばそうとする力が入ってしまう方やどのくらいのグリッププレッシャーで握れば良いかお悩みの方、自称力感マニアの範大コーチのヒントレッスンに参加してみてください‼︎笑

今回は力感についてのヒントレッスンでしたが、ドライバーショットやアプローチショットなど上達の為のヒントレッスンが毎月多く企画されています‼︎
是非、ご自身の課題に合ったヒントレッスンを受講してみてください!^o^

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

源河 卓朗

源河 卓朗

皆さん、明けましておめでとうございます!
2020年もレベルアップ目指して僕と一緒にみっちり練習していきましょう!(^^)

ゴルフ場でお待ちしています!♪

★レッスンの開催スケジュール
https://www.gen-ten.jp/schedule/?coach=takuro
★GEN-TENの原点
https://www.gen-ten.jp/archive/takuro/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ バンカー〜バンカーショットでバウンスを上手く使う方法〜 1,248ビュー
  2. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 959ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 607ビュー
  4. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 389ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 385ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 369ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 249ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 232ビュー
  9. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 186ビュー
  10. 2020/2/8-2/21週刊GEN-TEN 159ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る