ゴルフ上達のヒント!〜アプローチはクラブをしっかり握る?〜

2019年12月19日 |

こんにちは、toshiyukiです!
2019年ももう残りわずかとなってきました。
今年、やり残した事などありませんか?
ベストスコア更新、飛距離アップ、パット数を減らすなど課題は様々あると思いますが達成できた方はおめでとうございます!
そうでない方は引続き目標達成に向けて頑張っていきましょう!

さて今回のテーマはこちらです。

『アプローチはクラブをしっかり握る?』

グリーン周りのアプローチは確実に寄せてワンパットで沈めたいという相談をよく受けます。
もちろん状況的に寄せるのが厳しいアプローチもありますがフラットでライも良くエッジからピンまで15ydsぐらいのアプローチだと寄せワンを狙っていきたいですよね。
こういうショートアプローチではスイング中、クラブの軌道やフェース面が狂わないようにしっかりクラブを握るという方も多いと思います。
しかし、あまりクラブを強く握ってしまうとスムーズに腕やクラブが動かなくなりダフリ・トップなどのミスが起こりやすくなります。
またクリーンにボールをヒットできても距離感が合いづらくなります。

◼︎手首や肘などの関節を柔らかく保つ

スムーズに腕やクラブを動かす為にはグリップをやさしく持ち手首や肘を固めずに柔らかくしておきましょう。
かといって軟体動物のようにフニャフニャになってしまうとクラブをコントロールできないので柳の枝などをイメージしてもらえるといいと思います。
では下の動画を見比べてみてください。
・クラブをやさしく持ってスイング

・クラブを強く握ってスイング

構えやスイング中のクラブの軌道、振り幅、フェース面などはどちらも変わりませんがグリップの強さが変わるだけで全く違うスイングに見えると思います。
どちらが寄っていきそうですか?(笑)

◼︎グリップは隙間を空けずににやさしく持つ

注意して頂きたいのはクラブをやさしく持とうとすると指の間に隙間が空いてしまいがちです。
そうするとスイング中に手の中でクラブがズレてしまい軌道やフェース面が安定しなかったりダウンスイングで逆に強く握ってダフリやトップの原因になります。

指の間に隙間を空けずに極力やさしくグリップしてください。

力感のコントロールも訓練すれば磨かれてくるので根気強く意識してみてください!

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

今年は暖冬と言われていますが寒さに弱い私にとっては十分寒さが身に沁みます。(^^;;
しかし例年に比べると明らかに気温は高いのでゴルフがしやすいですね〜!^_−☆
せっかくの暖冬なのでコースに出てゴルフを満喫しましょう!*\(^o^)/*

★キャンプのご案内★
2/22(土)〜24(月)
強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ(タイ)
https://www.gen-ten.jp/event/22619

4/4(土)〜5(日)
ディスカバリーキャンプ at ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ
https://www.gen-ten.jp/event/22810

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ バンカー〜バンカーショットでバウンスを上手く使う方法〜 1,247ビュー
  2. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 951ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 607ビュー
  4. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 388ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 380ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 365ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 249ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 229ビュー
  9. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 185ビュー
  10. 2020/2/8-2/21週刊GEN-TEN 159ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る