スイング中のフェースの向き

2014年7月18日 |

こんにちは、中村です!
今回はスイング中のフェースの向きについてお話しします。

テークバックでフェースが閉じたり開いたりするとダウンスイングでスクエアに戻す動きが必要になります。
スイングにかかる時間は2秒前後です。またトップからインパクトまでだと1秒もありません。一瞬の出来事です。

この間に毎回同じタイミングでフェースをスクエアに戻すのは至難の業です。よってテークバックではできるだけフェースをスクエアに保っておく必要があります。

ではスクエアとはどういう状態かを説明していきます。まずテークバックでシャフトが地面と平行になるポジション(ハーフウェイバック)ではフェースが斜め下(前傾角度と平行)を向いた状態がスクエアです。20140718_blog_toshiyuki01
フェースが地面と垂直になった状態だとオープン、20140718_blog_toshiyuki02フェースが真下を向くとクローズです。20140718_blog_toshiyuki03

ではトップの位置ではどうでしょう?
まずフェースが斜め上(左前腕と平行)を向いている状態がスクエアです。20140718_blog_toshiyuki04
そしてハーフウェイバック同様フェースが地面と垂直になるとオープン、20140718_blog_toshiyuki06フェースが真上を向くとクローズです!20140718_blog_toshiyuki05

これまでスクエア、オープン、クローズについて説明しましたがアベレージゴルファーに多いのがオープンフェースです。
特にビギナーの方はフェースが開いてしまうことが多いのですがこれはクラブの構造にも原因があります。この構造についてはまた次の機会に説明したいと思います。

前述したようにテークバックでフェースの向きをスクエアに保てていればダウンスイングやインパクトでフェースを戻す必要がないのでタイミングに左右されずに毎回スクエアにインパクトすることができます!まずはスイング中にフェースがどこを向いているかを知ることから始めましょう!

練習に行かれた時にハーフウェイバックやトップで一度ストップしてフェースの向きをチェックしてみてください。これでプッシュアウトや引っかけ、スライス、フックの原因が見つかるはずです!!
フェースをスクエアに保ってタイミングに左右されない確率の高いスイングを目指しましょう!!

フェイス面の打点で球筋が変わる?!
バンカーでのフェースの開き方

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暖かい日が増えてきましたね!
先日は半袖でレッスンが出来るぐらい暖かくて少し早いですが春の訪れを感じました!(*^^*)
これからコースも芝が伸びてきて傾斜地からのショットなど様々なライからの対応力が必要になってきますね!
そんな対応力や芝からの経験値を上げるのにとっておきのキャンプを4/27(土)〜29(月)に那須国際カントリークラブで開催します!
実際のコースを使って様々なライから練習できる「トライフィールド」で2日間、思う存分ボールを打って頂けます!
また冬の間、ラウンドから離れていた方も多いと思いますがコースの感覚を取り戻すにはもってこいの場所です!
ゴールデンウィークはトライフィールドでコースの感覚を磨いていきましょう!
強化合宿 at 那須国際カントリークラブ(栃木) 佐々木 康生 & 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. なぜハンドファーストでインパクトできないのか?? 1,351ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 1,178ビュー
  3. アドレス姿勢を綺麗にするためのワンポイント 919ビュー
  4. 新ルール「ドロップしたボールが止まった場所&救済を受ける際のボールの変更について」 635ビュー
  5. 正しい腰の回し方 339ビュー
  6. グリーンとカラーの境からの打ち方 329ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 311ビュー
  8. 「スピン量について」 235ビュー
  9. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 228ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 207ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る