1mのショーットパットを確実に入れる

2015年8月27日 |

コーチ:小西一矢

今回は1mのショートパットを確実に入れる為の注意点を紹介します。

1.カップに対してフェースを1mmの狂いもなく真っ直ぐに向けてください。
2.緩みなく、しっかりフォローまで振り抜きます。
3.頭を上げないように、カップインは音で確認します。

以上のポイントに注意してショートパットを確実に決めましょう!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
ゴルフは他のスポーツと違い生涯スポーツとして楽しめるとても良いスポーツだと思います。
そんなゴルフというスポーツを長く楽しんでいただくためにケガをしにくい身体作りやスイング作りをベースにアドバイスをしています。
個々の目標や課題を元にみなさんのゴルフライフをより一層楽しめるように一緒に取り組んでいきましょう♪

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 262ビュー
  2. 2023年新ルール知ってますか? 244ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 173ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 170ビュー
  5. 「スプーン」は必要?!3番ウッドについて考える 144ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 143ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 123ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 114ビュー
  9. キャディバックの持ち方 110ビュー
  10. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 106ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る