左足上がりからのアプローチの注意点

2015年11月17日 |

みなさま!いつも大変お世話になっております。ゴルフが皆様と同じくらい大好きな牧野佑司です。

今日は左足上がりからのアプローチの注意点をお話させていただきます。
この先を確認する前に以前お話させていただいた内容を一度チェックしていただいてからご覧いただくと理解が深まりやすいと思います。
※前回の記事はコチラhttp://www.gen-ten.jp/blog/201407_16219/
DSC_0038
以前の投稿で構え方・打ち方は「傾斜に沿って構える方法」と「傾斜に逆らって構える方法」の2種類があるとお話させていただきました。
今回は「傾斜に逆らって構える方法」で打つ際の補足説明をさせていただきたいと思います。
DSC_0039
「傾斜に逆らって構えられるとき」というのは、ほとんど平らな時と同じ状況のスイングをしていただくことになります。ここでの注意点を説明します。

左足上がりの場合はボールの後方部分の地面、クラブをセットする場所ですね。その場所はボールの高さよりも低くなっているので、左の写真のようにボールよりもクラブヘッドを低く構えて傾斜に対して逆らって構えてしまうとボールの下をたたいてしまう構えになります。こういったミスを減らすためにヘッドは少し浮かせてボールの高さに合わせて構えてみてください!
20151117_blog_yuji_05
もちろん低く構えてもボールにうまくコンタクトすればいいのですが、傾斜に対して逆らってしまうとしっくりこないという方は是非この方法も試してみてくださいね!

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
苦しい思いをしてたくさんの気づきを得ている牧野佑司です。(自画自賛)

最高の季節がやってきました。
ぼくは暑い夏も好きですが強がるのもしんどかったです。
日本のゴルフシーズンといえば秋ですね。
日照時間が短いのもいい気候がより貴重なものだと感じさせてくれます。

秋には新キャンプ会場の信楽カントリー倶楽部さんにてディスカバリーキャンプを開催します。

近畿地区も体験レッスンやバリエーション豊かなメニューやコーチによって、より皆さまに楽しんでいただけますように近畿地区を盛り上げたいと思ってます。
私牧野佑司は東海地区にもレッスンで登場する予定です。また新たな視点から新鮮な気持ちでレッスンにご参加いただければ嬉しいです。
皆様のご参加心より楽しみにお待ちしております!!

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,633ビュー
  2. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 839ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 760ビュー
  4. 上達へのヒント!「ターゲットをどのように見ていますか!?」 281ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 262ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 249ビュー
  7. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 235ビュー
  8. AwとSwの使い分け 209ビュー
  9. 正しい腰の回し方 158ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 157ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る