左足上がりからのクラブ選択のコツ 

2016年9月8日 |

みなさまこんにちは。近畿地区担当の牧野佑司です。

今日のwebレッスンは左足上がりからのショットについてお話しします。
20160908_blog_yuji1
左足上がりからは傾斜に沿って立って振るショットと、傾斜に逆らって立ってのショットの二通りを僕はいつもご紹介しております。
今回はその左足上がりからのショットでのクラブ選択についてお話しさせていただきます。

例えば傾斜が30度あったとします。30度ある傾斜に対して15度の3番ウッドで傾斜に逆らって構えます。
20160908_blog_yuji3
傾斜に逆らって構えるということは平らな斜面と同じように構えるということなので、30度の傾斜に対して15度の角度で打ち出すショットになります。
そうなると傾斜よりも高さが出ないので、打ち出してすぐに地面にボールが当たってしまうことになりますね。

左足上がりからのショットは、傾斜の角度がきつくて持つクラブのロフト角度がたっている場合(ウッドなどの長いクラブ)は傾斜に沿って構えていただく必要があります。
20160908_blog_yuji2
アプローチの時などは大体の状況でも傾斜に逆らって打つことができます。なぜならばウェッジのロフト角度は上を向いているので、前方の傾斜にぶつかる心配はありませんね。
20160908_blog_yuji4
フルショットでもアプローチでも、平らな状況と同じロフト角度でショットをしたほうが普段通りの距離感で打つことができます。ですので僕は特にアプローチなどはできるだけ傾斜に逆らって打つ方法を選択します。
しかし長いクラブを打たなければいけない場合に左足上がりの傾斜がきついと傾斜に逆らうしかないので距離感が難しくなってしまいますが仕方がないですね。
いろいろな状況に対応していただくのもアベレージスコアアップに欠かせない要素だと思います。

慣れも大切ですね。9月24日に僕が担当します六甲カントリークラブさんにて「傾斜のヒントレッスン」を開催します。
傾斜地からの特徴をしっかり把握していただき、たくさん練習して経験値を大幅アップしませんか?皆様のご参加楽しみにお待ちしております。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
苦しい思いをしてたくさんの気づきを得ている牧野佑司です。(自画自賛)

最高の季節がやってきました。
ぼくは暑い夏も好きですが強がるのもしんどかったです。
日本のゴルフシーズンといえば秋ですね。
日照時間が短いのもいい気候がより貴重なものだと感じさせてくれます。

秋には新キャンプ会場の信楽カントリー倶楽部さんにてディスカバリーキャンプを開催します。

近畿地区も体験レッスンやバリエーション豊かなメニューやコーチによって、より皆さまに楽しんでいただけますように近畿地区を盛り上げたいと思ってます。
私牧野佑司は東海地区にもレッスンで登場する予定です。また新たな視点から新鮮な気持ちでレッスンにご参加いただければ嬉しいです。
皆様のご参加心より楽しみにお待ちしております!!

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,533ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 415ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  4. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 152ビュー
  5. 競技用スコアカードの書き方 142ビュー
  6. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 138ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 136ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 118ビュー
  9. ゴルフコースへ行こう!~チェックインからスタートまで編~ 113ビュー
  10. キャディバッグの担ぎ方 105ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る