こんな時どうする?『地面にい込んでいる球』

2016年11月27日 |

みなさんこんにちは、ko-seiです。
今年も残りわずか、早いですね~

今年最後のラウンドを控えている方も多いと思います。楽しくマナーよく締めくくる為に、今回のこんな時どうする?は『地面にい込んでいる球』です。

20161127_blog_ko-sei1

雨が続いた後のラウンドでは、このようなケースがテーショットでよく起こります。
撮影したのは、先日レポートもしたタイです。タイに行った時はちょうど雨期、ラウンド当日は雨は降りませんでしたが、ティーショットの3分の1くらいが今回のケースになっていました。

さあ、どうしましょう?

今回はルールブックを開いてみましょう!

20161127_blog_ko-sei10

2016年のルールブックでは127ページ。規則25-2.地面にくい込んでいる球

20161127_blog_ko-sei11

これによると芝草を短く刈ってある区域でくい込んだ球は、罰なし拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。と書いてありますね。

20161127_blog_ko-sei2

20161127_blog_ko-sei3

20161127_blog_ko-sei4

20161127_blog_ko-sei7

このルールを知らないと、地面にくい込んでいるボールなのでPWなどのクラブで叩きつけるようなショットを選択するしかありません。距離が出ないどころか、どこに行くかも分かりません。。。
また、コースにも大きな傷が残ります。
私は、プレーヤーの救済と言うより、コース救済のルールだと思っています。

今回のような知って得するルール(知らないとコースを傷つけてしまうルール)もあるので、レッスンの時に現場で確認しましょう!

おまけ。
今回撮影したパタナゴルフリゾート、1月2月にディスカバリーCAMPを開催します!

20161127_blog_ko-sei8

20161127_blog_ko-sei9

20161127_blog_ko-sei6

2017年1月2月にタイディスカバリーキャンプを開催します!
詳しくはこちらをご覧ください。
ディスカバリーキャンプinタイ

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。

今年は暖冬で暖かい日も多く、いっぱいゴルフが楽しめますね。

とは言え身体の硬くなりやすい冬です。十分にストレッチして練習&ラウンドをして下さい。

3月には南国・宮古島で一足先に春を満喫するCAMPを開催します。冬眠明けに最適です!みなさんの参加をお待ちしております。
強化合宿 at エメラルドコーストゴルフリンクス(沖縄)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 1,664ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 1,070ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 360ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 346ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 279ビュー
  6. バンカーショットでバウンスを上手く使う方法 263ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 182ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 136ビュー
  9. ナイスショットを生み出すフォロースルー 135ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 132ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る