こんな時どうする?『マンホールに止まったボール』

2017年1月9日 |

新年あけましておめでとうございます、ko-seiです。
2017年もよろしくお願いします!


新年、初めてのWEBレッスンは、みんなで楽しくゴルフする為のルールからスタートしたいと思います。
こんな時どうする?『マンホールに止まったボール』です。

コースには動かせない障害物と言われる、マンホールカート道などがありますね。
ボールがマンホールやカート道に止まった時、スタンスがかかる時、またスイング中に当たってしまう時には無罰でスイングできる場所に動かすことが出来ます

最初にニアレスポイントを見つけ、ティーなどでマークをします。

何処にマークをするかですが、ホールに近づかず、元あった場所に近いところがニアレスポイントとなります。

次にドロップする範囲ですが、ニアレスポイントからホールに近づかず、障害物にかからない1クラブレングス以内にドロップします。

ドロップの方法ですが、向きは何処を向いていても構いませんが、肩の位置からボールを落とします。

ドロップしたボールが対象となる障害物に入ってしまったり、ニアレスポイントより前に転がった場合、ドロップして落ちた地点から2クラブ以上離れた場合はドロップのやり直しとなります。

ドロップのやり直しは2回までで、2回目も対象となる障害物に入ってしまったり、ニアレスポイントより前に転がった場合、ドロップして落ちた地点から2クラブ以上離れた場合は、2回目のドロップの際に最初に地面に落ちた地点にプレースしましょう。

ボールの移動について、理解できましたか?
ドロップできる範囲1クラブレングスの中で、何処にドロップするかはプレーヤーが選べるので、周りにディボットなどがないか、よく見てドロップしましょう!

プレーには波があり、1年間ナイスショットを打ち続けることは出来ませんが、マナーやルールを守り続けることは可能です。
2017年もマナーとルールを守って、一緒に楽しんでいきましょう(^^)/

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

いよいよスポーツの秋、ゴルフシーズン突入ですね。

秋の気持ち良い風の中、ラウンドやコンペに向けて楽しく準備していきましょう!

トーナメントコースと旬を楽しむ高知ディスカバリーCAMPも開催します!

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,533ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 415ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 169ビュー
  4. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 152ビュー
  5. 競技用スコアカードの書き方 142ビュー
  6. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 138ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 136ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 118ビュー
  9. ゴルフコースへ行こう!~チェックインからスタートまで編~ 113ビュー
  10. キャディバッグの担ぎ方 106ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る