アプローチショット、ランとキャリーの割合に注目!

2016年12月20日 |

ミドルホールの2打目、ちょっとグリーンを外してしまったけれど、アプローチショットを上手に寄せてパーを狙いたい…。
そんな時、狙い場所をどんなふうに決めていますか?もちろん、寄せたい!と強く心に念じることも大切です☆が、もう少し科学的に確率を上げる方法をご紹介します。

ここは、ピンまで15メートル、ゆるやかな上り坂、ボールとグリーンの間に障害物はありません。私は54°のウェッジで低く転がすピッチショットを選択しました。

私の54°のピッチショットは、キャリー(空中を飛ぶ距離)とラン(着地してから転がる距離)の割合が1:2なので、球とピンの距離を3等分し、1/3のところに狙いを定めます。ちょうどコーンが置いてあるポイントを狙います。

もう少しピンに近いところ、5メートルからのアプローチなら、私は58°のウェッジでロフト通りに上げて球があまり転がらないようにします。このショットだと、キャリーとランは1:1なので、球とピンの距離を2等分し、半分のところに落とすようにします。

このように、いつもよく使うクラブのランとキャリーの割合を把握しておくと、狙い所を決めやすくなります。コースで実際に練習できるゲンテンのレッスンは、データ収集にはもってこいですね!

グリーンのアンジュレーションや速さによって、割合を微調整してください。また、ピンばかりを見てピンを狙わないように、狙い所を決めたらそこに集中し、素振りやセットアップのルーティンをしたほうがうまく行くと思いますよ。ぜひお試しください!

この記事を書いたのは

野村 祥子

野村 祥子

皆さま、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

私はよく夢を見ます。去年は、打っても打ってもグリーンに届かない初夢を見ました。今年は、チコちゃんが家に遊びに来て、庭でカエルを捕まえる夢でした。いつかチコちゃんとゴルフする夢を見たいです。今年も張り切って、スイング&ラウンドしましょう!

1月12日(日)ハーフラウンド@東京バーディクラブ

1月13日(月祝)「フィニッシュを整えて、インパクトを整える!」ヒント@東京バーディクラブ

ご参加お待ちしております(^^)

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 595ビュー
  2. ホールインワンへの道 366ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 341ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 265ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 225ビュー
  6. 正しい腰の回し方 220ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 201ビュー
  8. AwとSwの使い分け 200ビュー
  9. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 159ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 150ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る