アプローチショット、ランとキャリーの割合に注目!

2016年12月20日 |

ミドルホールの2打目、ちょっとグリーンを外してしまったけれど、アプローチショットを上手に寄せてパーを狙いたい…。
そんな時、狙い場所をどんなふうに決めていますか?もちろん、寄せたい!と強く心に念じることも大切です☆が、もう少し科学的に確率を上げる方法をご紹介します。

ここは、ピンまで15メートル、ゆるやかな上り坂、ボールとグリーンの間に障害物はありません。私は54°のウェッジで低く転がすピッチショットを選択しました。

私の54°のピッチショットは、キャリー(空中を飛ぶ距離)とラン(着地してから転がる距離)の割合が1:2なので、球とピンの距離を3等分し、1/3のところに狙いを定めます。ちょうどコーンが置いてあるポイントを狙います。

もう少しピンに近いところ、5メートルからのアプローチなら、私は58°のウェッジでロフト通りに上げて球があまり転がらないようにします。このショットだと、キャリーとランは1:1なので、球とピンの距離を2等分し、半分のところに落とすようにします。

このように、いつもよく使うクラブのランとキャリーの割合を把握しておくと、狙い所を決めやすくなります。コースで実際に練習できるゲンテンのレッスンは、データ収集にはもってこいですね!

グリーンのアンジュレーションや速さによって、割合を微調整してください。また、ピンばかりを見てピンを狙わないように、狙い所を決めたらそこに集中し、素振りやセットアップのルーティンをしたほうがうまく行くと思いますよ。ぜひお試しください!

この記事を書いたのは

野村 祥子

野村 祥子

外出してマスク越しに香るのは、沈丁花と次亜塩素酸のにおい…な今日この頃ですが、ゴルフの調子はいかがですか?
3月14日(土)のレッスンを、ハーフラウンドからヒント「己を知って、コースを攻略しよう!」に切り替えました。
https://www.gen-ten.jp/event/23229

まず練習場で、各クラブのナイスショットとミスショットの割合や、ミスショット時は左右前後どこに外すことが多いのかを調べます。午後はそのデータをもとにクラブをマネージしながらコースを回ります。自分のクセを知り、避けるべき番手や方向を知り、今シーズンのスコアアップにつなげましょう!

皆様のご参加をお待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 577ビュー
  2. マナーアップ大作戦!〜プレイファスト編 part1〜 406ビュー
  3. 「え~!こんな時どうしましょう?バンカーの淵にボールが止まったら」 326ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 275ビュー
  5. アプローチでのキャリーとランの比率について考える 236ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 193ビュー
  7. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 162ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 136ビュー
  9. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 123ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 120ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る